専門分野で活動するスタッフ

専門看護師

専門看護師

精神看護専門看護師、リエゾン精神看護師 服部 希恵

リエゾン精神看護とは、病気、入院、治療などによるストレス、不安や抑うつ、イライラしてしまうなど精神的に不安定な患者さんや、精神科で治療を受けている患者さんが、安心して身体治療を受けられるよう、直接的なケアや患者、家族と医療者間の橋渡し、調整を図る看護のことをいいます。
 精神科リエゾンチーム、緩和ケアチームなど、多職種の医療者から成るチームの一員として、患者さん、家族から精神的な問題の相談を受けたり、医療者からの相談に乗り、患者さんや家族が安心して治療が受けられるような環境づくりに努めています。また、医療を提供する医療者が生き生きと働くことができるよう、医療者のメンタルサポートにも力を入れ活動しています。

精神看護専門看護師、リエゾン精神看護師 舘 理江

がん相談支援センターと看護部付を兼務し、通称「リエゾンナース」として、ストレスや悩みを抱える外来通院中の患者さん、ご家族を中心に支援しています。ご入院中はもちろんですが、ご自宅で過ごす中でも病気がわかったとき、治療が始まる時、治療を続けたり終えたりする中でどなたも、悶々と過ごされることがあります。気持ちの落ち込みや不安なことがあれば、患者さん・ご家族問わず、がん相談支援センターでお話しください(可能なら事前にご予約をお願いします)。お話を伺いながら、ニーズに合わせて問題を整理したり、必要な情報をご提供することもあります。医師や看護師、医療ソーシャルワーカーなどと連携して対応しています。
 精神科診療の補助、リエゾンチーム、緩和ケアチームのメンバーでもありますので日々、ケアに携わる医療者の困りごとのお手伝いもしています。

母性看護専門看護師 木全 美智代

母性看護専門看護師は、女性の健康支援ならびに周産期の母子やご家族への直接ケアの提供、医療者や地域との調整や相談などを行う専門職です。
 私は総合周産期母子医療センター(産婦人科センター・MFICU)に所属しています。助産師としての助産業務とともに、母性看護専門看護師として他の助産師、医師、看護師、関連する医療者や地域と連携しながら、主に母体搬送などで入院された身体的・精神的・社会的な問題を抱えたリスクの高い妊産婦さんやご家族が安心して妊娠、出産、育児を行えるように、お一人お一人に合わせた適切な支援を提供するための調整や直接ケアを行っています。

がん看護専門看護師 牛山 喜久恵

がん看護専門看護師とは、がん患者さんの身体的・精神的な苦痛を理解し、患者さんやその家族に対してQOL(生活の質)の視点に立った水準の高い看護を提供することを特徴としています。日々の業務でも、患者さんや家族の抱える苦痛を包括的に捉えて質の高い看護を提供したり、治療・療養先などの意思決定を支援しています。その際、患者さんや家族が本来持っている力を活かせるように関わること、病棟看護師や多職種のスタッフが協働で支援する環境をつくること、支援のプロセスを患者さん・家族・看護師らが共に歩むことを大事にしています。

小児看護専門看護師 中村 愛

小児看護専門看護師は、子どもたちが健やかに成長発達していけるように、医療、福祉、教育などさまざまな専門職と協働して看護を提供することを目標としています。
 病院の中で「嫌だ、怖い、痛い」と思うことを子どもなりに乗り越えられるように、子ども自身が力を十分に発揮して納得したうえで療養に取り組めるように、子どもや家族と一緒に方法を考え、他職種と協働してより良い療養環境づくりを目指しています。  子どもとご家族が安心して生活できる、そして子どもたちの笑顔を得られるようにサポートしていきたいです。

小児看護専門看護師 加藤 美也子

近年、子どもを取り巻く環境は多様化していますが、子どもはどのような環境であっても、どのような健康レベルの子どもであっても成長発達していく権利を持っています。子どもの個性に合わせて健やかに少しでも成長発達を促進できるように環境を整え、子どもや家族を支援していくことが小児看護専門看護師の役割の1つであると考えています。特に私は医療ケアを必要とする子どもたちが家族の中で成長発達できるように支援していきたいと考えています。また、育児不安を抱える家族が孤独にならないように行政・福祉・教育機関と調整をしながら看護師の立場から子どもと家族に寄り添っていきたいと考えています。

小児専門看護師 佐伯 暢隆

小児看護は、病気や障がいを持ちながら成長発達される子どもたちの支援と共に両親やきょうだいを含めた家族への支援も大切です。子どもの権利を十分に配慮し、子どもの目線に立ったコミュニケーションをとり、急性期疾患であっても慢性期疾患であっても子どもが心身共に健やかに成長発達できるような支援を目指していきます。また、子どもの最善の利益を考え、子どもと家族の健康・福祉・教育などに関わるさまざまな専門職と協力して、子どもの闘病における親世代の成長発達、きょうだいの成長発達も支援できるように取り組んでいきたいと思っています。

家族支援専門看護師 玉田 綾子

家族支援専門看護師は、患者さんを含む家族本来のセルフケア機能を高め、家族が主体的に問題解決できるよう身体的、精神的、社会的に支援することを目指す専門職です。私の所属するNICUでは、ハイリスクで産まれたお子さんをお預かりしています。予期せぬ出産により、ご家族は急に新たな家族メンバーを迎える危機と、我が子が入院する危機にあります。そのようなご家族が本来持つ健康の力を取り戻し、退院後の生活に柔軟で豊かに適応できるようにお手伝いします。わが子の最善を考えるご家族と共に、その家族らしい選択・決断・対処ができるように多職種で連携していきます。

家族支援専門看護師 中村 剛士

私は、救命救急センター初療室で勤務しています。救急搬送される患者さんの多くは、突然発症によることが多いため、家族は予測していなかった患者さんの状態を知ることで危機的状態に陥りやすいといわれています。家族が危機的状態に陥ると家族機能が低下し、家族全体に影響を与えるため、患者さんを支援することができず、家族にも身体的、精神的、社会的な悪循環が生じ、家族が崩壊する可能性が高いと考えます。そのため、家族という集団がこの危機状態に対して、解決、対処、適応できるように支援しています。家族を支援していく中で大切にしていることは、家族の問題にばかり着目するのではなく、家族の「強み」とは何かを考え、「強み」を引き出し、家族が主体的に問題解決できるように意識しながら関わっています。

ページトップへ戻る