採用情報

看護部

専門分野で活動するスタッフ

(社)日本看護協会認定 認定看護師の活動紹介

集中ケア認定看護師 秋江百合子

質の高い治療と患者の生命の安全、心身の安楽を第一に考えた看護が提供できるチーム医療を目指しています。たくさんの医療機器やバイタルサインからだけでなく、患者の変化・訴えを察知し、それが大きな変化となる前に適切な介入を行えるように心掛けています。
人工呼吸器管理チーム(RST)や口腔ケアチーム(OMT)にも所属し、院内の呼吸管理の知識と技術の向上に努めています。

集中ケア認定看護師 佐藤史子

生命の危機的状況にある患者さん・家族に対し、生命の安全・療養環境の維持を考えながら、急性期からの早期回復・早期退院を目指し、他病棟や多職種と連携を図りながら看護しています。
危機的状況にある患者さん・家族の抱える心理的・精神的・社会的不安を一緒に受け止め、安心した療養生活が過ごせるように日々考えながら看護しています。

救急看護認定看護師 安藤俊子

私が認定を取ってから続けていることは、院内急変事例の振り返りです。振り返ることで、急変時の対応(行動)だけでなく、急変前の状態の変化、アセスメントやその記録、スタッフ・医師への報告や、チームワークのあり方など多くのことに気付くことができています。貴重な体験を皆で共有する機会が持て、有意義な振り返りができるように、これからも支援していきたいと考えています。

救急看護認定看護師 髙田恵理

過大侵襲術後や急性疾患、突発的な出来事により生命が脅かされている患者さんを対象に、病態や生体反応を理解し様々な側面からタイムリーに必要なケアを選択・実践できるように、時にチームの調整役を担いながら患者さんを早期回復へ導けるように活動しています。

救急看護認定看護師 柚木さよ

救命救急センター初療室で勤務しています。24時間365日、老若男女、診療科や緊急性の高い低いを問わず、急病や事故、さらには災害医療など、さまざまな場面において初期治療を行い、病態の診断・治療を行っています。また院内で発生する「ハリーコール」に応援できるよう体制を整え、各部署で急変時の対応等に不明や疑問な点などの相談に乗らせていただいています。そして最終的には、急変を起こさない看護を目指しています。

救急看護認定看護師 田辺由紀子

初期治療を終えた命のバトンを受け継ぎ、患者の早期回復を目指して常に寄り添い、小さな変化も見逃すことがないよう個別性を活かしたケア実践を行っています。また、緊急入院において患者の家族も患者同様に心理的・精神的危機的状況に陥っているため、患者をサポートする家族のケアも大切にしています。

新生児集中ケア認定看護師 平岩美緒

当院のNICUは出生体重が1500g未満の極低出生体重児、1000g未満の超低出生体重児の入院数が全国規模で上位であり、症例数の多さは高い治療成績につながっています。出生から退院、そして退院後の家族の幸せを考え、救命だけの治療ではなく「全ての新生児の障害無き健やかな成長を目指す」を心に、新生児集中ケア認定看護師の責務を果たしていきたいです。

新生児集中ケア認定看護師 渡辺綾子

NICUで新生児集中ケア認定看護師として働いている渡辺綾子です。NICUには、予定日より早く生まれたお子様や、病気を抱えているお子様が入院されています。このため、お子様が健やかに成長されるよう、なるべくお母さんのおなかの中にいるような環境作りを目指しています。また、生まれてすぐに入院して離れ離れとなったお子様とそのご両親が新しい家族を築けるように臨床心理士や多職種と協力しながらお手伝いをさせていただいています。

新生児集中ケア認定看護師 上渡めぐみ

NICUは、早産で生まれた未熟性の高いお子さんや疾患を抱えて産まれたお子さんの治療だけではなく、発育・発達の支援をしています。また、赤ちゃんの誕生は、新しい家族が増えるということであり、親子関係を築いていくスタートです。ご家族とともに赤ちゃんの成長に寄り添い、親と子の絆が育まれるよう支援していきます。

感染管理認定看護師 高坂久美子

ICT(Infection Control Team)や抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial Stewardship Team:AST)、院内感染防止対策委員会のメンバーとともに、患者さん家族はもとより病院を訪れる全ての人を院内感染から守る為の活動をしています。

感染管理認定看護師 吉村敦子

医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師で構成されたICTに所属し、チームで院内、外の感染症発生動向に目を向けています。病院内では、ICT、現場の実践者である各部署のインフェクションコントロールマネージャー(ICM)と協働してラウンド、感染対策の実践、改善活動をしています。
 また、在宅医療、地域連携が活発になり、病院と地域の医療機関、施設、在宅との往来が増加する近年、自施設だけでの感染対策に限らず、感染対策について地域の施設、保健所など行政との連携を意識した活動を目指しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 伊藤真粧美

創傷・オストミー・失禁患者の問題に関する相談を受け、患者さんにとってよりよい方法を提供できるよう日々活動しています。ストーマに関して術前術後、退院後は泌尿器科ストーマ外来で社会復帰後の長期的なフォロー、また褥瘡対策チームとともに褥瘡回診で院内をまわり、褥瘡の評価、治療法、除圧法などを各病棟のスタッフと検討し早期治癒を目指し活動しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 福山直美

スキンケア、床ずれ・創傷ケア、ストーマケア、排尿ケアにおいて、外来で、術前~入院~退院、退院後の在宅療養・外来通院で、様々な場面に於いて患者さんご家族の思いをお聞きし、個別性や生活に添ったケアが提供できるように活動をしています。患者さんご家族が継続して治療が受けられるように、自己ケアができるように支援しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 西澤政子

日々、ストーマ造設患者さんやその家族の看護に携わっています。ボディイメージ・排泄経路・排泄方法の変化により、不安を抱えている患者さんやその家族が多くいらっしゃいます。専門性の高いケアにより不安が軽減でき、患者さんが安心して入院前の日常生活に近づけられるように支援していきたいと思います。  また、学習会などを実施し、スタッフの知識や技術の向上を行い、スタッフと共に患者さん一人一人に合ったケアを提供できるように努めています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 齋藤由佳

昨年より新生児病棟に勤務しています。産まれたてで傷つきやすい赤ちゃんたちの脆弱な皮膚を守るため、専門的役割を発揮していきたいと思います。皮膚やストーマのケアを通じて、局所的な処置だけでなく全人的な看護を実践していきます。

緩和ケア認定看護師 平野美枝子

緩和ケア認定看護師は、がんと診断された時から身体的、精神的、社旗的、こころの4つの側面から症状緩和、生活・生きることの支援、ご家族の支援、終末期のケア等を行っています。多職種のメンバーと協力して、患者さんとご家族の考え方やお気持ちを大切に、よりよい生活が送れるようケアにあたっています。

緩和ケア認定看護師 武藤直美

緩和ケア認定看護師として、緩和ケアを必要とする患者さんとご家族がその人らしく今を生きられるように、その人の生活を大切にした看護を提供したいと思っています。がんの診断時から切れ目のない緩和ケアを提供することで、患者さんとご家族が持っている希望を支え続けるサポーターとして役割を果たしたいと考えています。患者さんとご家族にとってのあたりまえの生活を支えられる人生の伴走者として、喜びや辛さを共感し思いに寄り添いながらお手伝いしていきたいと思っています。

がん化学療法看護認定看護師 濱嶋なぎさ

当院で化学療法を行う患者さんは、東病棟5階・6階にある化学療法センターに入院し、治療を開始します。その後、通院で行える治療は外来化学療法センターに通院していただきます。入院から外来においても、安心して治療が受けられる専門性の高い化学療法センターを目指しています。
また、がん相談支援センターでは、がんになっての不安や治療の選択、社会資源の活用などの相談を受けています。患者さんやご家族のよきサポーターとなれるように、取り組んでいきたいと思います。

がん化学療法看護認定看護師 大路小千代

私は、東病棟6階で勤務しています。主に呼吸器内科と消化器内科のがんの患者さんが入院しており、抗がん剤の投与や副作用について、患者さんや家族に指導・教育を行っています。初めての治療や再発してからの治療で、不安に感じる方もたくさん見えます。化学療法について解らないことや、聞きたいこと、話しを聴いてほしいことなどあればいつでも声をかけて下さい。一緒に考えていきましょう。

がん化学療法看護認定看護師 天野真由美

外来化学療法センターで勤務しています。当センターでは、安全・確実に抗がん薬やホルモン剤を投与し、副作用の発現を最小限に抑え、安心して治療が継続できるよう医師・薬剤師と協働して治療に取り組んでいます。外来化学療法は、副作用に対するセルフケアの確立が大切です。がん化学療法に関連した副作用の対処方法で困ったり悩んだりした時は、患者さんやご家族が実施できる方法を一緒に考えていきたいと思います。

がん化学療法看護認定看護師 竹内麻里加

東棟7階で勤務しています。がん化学療法を受ける患者さんとそのご家族が安心して治療が受けられるよう、安全・確実な治療の提供を行い、セルフケア能力を活かした副作用への対処について一緒に考え、患者さんが望むQOLを保ちながら治療が続けられるようサポートしていきたいと思います。

がん性疼痛看護認定看護師 志村みゆき

痛みは辛く、できれば経験したくないものです。しかし、がんの痛みは70〜80%のがん患者さんが経験すると言われています。痛みにより治療や病気と闘う気力の低下や、日常生活に支障をきたし、その人らしさが失われていかないためにも、がんと診断された早い段階から治療と並行して疼痛緩和を行っていくことが大切です。また、その他の自覚症状や不安などの気持ちの辛さなども併せて早期より苦痛の緩和を行うことで、その人らしい生活を過ごしていただけるようにお手伝いさせて頂きます。

がん性疼痛看護認定看護師 尾関美代子

現在では2人に1人はがんに罹患する時代となってきました。がんと診断された患者、家族の抱える痛みは様々です。痛みを早期に把握し、現在行っている治療と並行しながら痛みのコントロールを行い、その人らしい生活を送ることができるように支援を行っていきます。

がん放射線看護認定看護師 峯田知子

放射線治療は、決められた計画を完遂してこそ最大の効果を発揮します。放射線治療を受ける患者さんやご家族が安心して、安全安楽に決められたスケジュールで治療を完遂できるよう支援しています。様々な目的で治療を受ける患者さんのニーズに応えられるよう努めています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師 山本利恵子

頭頸部・泌尿器センターに勤務している摂食・嚥下障害看護認定看護師の山本利恵子です。食べたり飲んだり日常何気なく行えていたことが、予期せぬ疾患や加齢による機能の低下で障害されることがあります。食べる機能をより長く持ち続けてもらう為に摂食・嚥下障害ケアチームの一員として活動しています。摂食・嚥下障害の原因や程度は様々であり、たくさん職種との共働や継続した関わりが重要であると強く感じています。より多くの方と看護に取り組んでいくために摂食・嚥下に関する専門的ケアを院内に広げていく努力をしています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師 坂口真那美

神経内科病棟に勤務し、脳血管疾患や神経筋疾患患者の摂食嚥下障害看護に携わっています。
摂食嚥下機能のアセスメント・評価のもと、摂食嚥下障害患者のケアを行い、一人でも多くの方に食べることのできる喜びを感じてもらえるよう日々努めていきたいと思います。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 井内豊子

脳卒中の患者さんは、突然、病に襲われ、麻痺や失語などの症状から今までの生活を続けられなくなることが多いため、戸惑いを感じたり自尊心を失ってしまうことがあります。そのような患者さんの気持ちに寄り添いながら、残された患者さんの能力を最大限に引き出すことを目指し、リハビリテーションの各療法士と連携を取りながら日々の看護を実践しています。

認知症看護認定看護師 岡田朋子

認知症や高齢者の方の中には、入院や手術による環境の変化やストレスによって、一時的に認知機能が低下する方がいらっしゃいます。私は、病棟スタッフと協力して、ご本人やご家族の方の不安や混乱が最小限となるよう環境調整や看護ケアを提供し、安全で安心した入院生活を送り、もとの生活への早期退院を目指しています。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師 山北利恵

私は、慢性呼吸器疾患看護認定看護師として救命A(救急ICU)で勤務しています。救命Aでは急性期における患者さんの呼吸機能の評価及び呼吸器管理を行って、安定期・増悪期・終末期につなげられる看護を目指しています。そして呼吸機能維持向上のための呼吸リハビリテーションを急性期からチームで始めることで、慢性期との連携、重症化の予防、情報の共有化を行っています。呼吸に関する疑問などがあればいつでも声をかけて下さい。

透析看護認定看護師 日野佐智子

透析治療のみならず慢性腎臓病患者さんやご家族の長きにわたる療養生活をトータルにサポートすることを専門としています。慢性腎臓病を指摘された段階では少しでも腎機能を低下させないための療養指導を、腎代替療法の選択が必要な時期には各療法(血液透析/腹膜透析/腎移植)に関する情報提供を、腎代替療法導入後には合併症対策など、慢性腎臓病の病期に合わせた支援を行います。現在は急性期現場での透析を看ることが主ですが、院内での活動を広げ腎不全看護の発展に努めていきたいと思います。

手術看護認定看護師 加納朋美

手術室では新生児から高齢者までの方を対象とし、全科の手術に対応しています。そして患者さんが安全で安楽に手術が終えられ、社会復帰が円滑にできるように看護を提供しています。手術が決まったときから周手術期における疑問や問題点の相談を受けています。

手術看護認定看護師 二宮結花

手術を受ける患者さんが、手術による二次的合併症なく早期回復・社会復帰できるよう、手術医療チームの一員として協働しています。その中で、日々進化し高度化する手術手技の習得のみならず、患者さんの擁護者として安楽に手術を受けていただけるよう努めています。また、期待や不安を抱えて手術を受ける患者さんには、それぞれに生活背景があり価値観も違います。そういった患者さん一人ひとりに寄り添い、安全・安楽に手術を受けていただけるよう、温かみのある看護を大切にしています。