医療関係者へ

特殊高度診療機能

総合周産期母子医療センター

 当院は平成10年愛知県で最初の総合周産期母子医療センターとして、全国で12番目に指定を受けました。当総合周産期母子医療センターは、母体・胎児集中治療室(MFICU)を9床と新生児集中治療室(NICU)を18床備えており、愛知県周産期医療システムの基幹病院として、妊娠・分娩ならびに新生児に関わるさまざまな事柄に対応しています。
 近年我が国では出生数が減少し続けている一方で、晩婚化等の影響もあり種々の合併症を有するハイリスク妊娠が増加しており、求められる周産期医療レベルが非常に高まってきています。当センターは、それらに対応すべく24時間体制で、産科医、新生児科医、助産師、看護師が一体となって母体、新生児に高度な医療とケアを提供し、また合併症のある妊娠や新生児の特殊な疾患などには、他の専門医や薬剤師、メディカルソーシャルワーカーと協力するなどのチーム医療を行っています。
 数多くの妊婦さんがハイリスク妊娠のため、県内のいろいろな病院・医院から当院へ搬送されてきます。これらの妊婦さんに適切な治療を行い、母親も子供も元気に退院していただくことが、まさに私たちの役目です。
 妊娠・出産は女性にとって人生の一大イベントです。一人でも多くのお母さんに元気な赤ちゃんを抱いていただけるよう、我々スタッフ一同、精一杯努力していきたいと考えています。