医療関係者へ

地域医療連携

地域医療連携のメリット

 現在、日本では大病院指向が強く、風邪や軽症の怪我でも大病院へ向かう人が多くなっています。
 これでは、大病院の混雑がいっそう進み、通院にかかる費用や待ち時間などがかかるわりには充分な診察が受けられなかったり、重篤な救急患者が速やかな治療を受けられなくなったりする事態が増えてくることになります。
 これらを回避し、患者さんの様態に応じた適切な治療が受けられるようにするため、厚生労働省では「地域医療支援病院」を中心とした医療機関のネットワークによる「病診連携システム」を推進しています。

これらのメリットについて考えてみましょう。

速やかな診察と治療

 患者様には、まず病状に応じて登録医名簿の中からお近くの医院や診療所を選んで、「かかりつけ医」として日常の医療にご利用頂き、必要な事態には当院と共に共同治療を受けていただくように準備を進めておきます。こうすることで、発病した際にも「待ち時間が少なく」、従来からの診療データをもとに、速やかな診察と治療が受けられます。
 ぜひ一度、当院の登録医の中からお近くの医院・診療所を選んで受診してみてください。

→ 登録医名簿(医師歯科医師

安心のバックアップ体制

症状が重篤であったり、治療に先進の医療機器・技術を必要とする場合でも、「病診連携システム」によって登録されている医院や診療所であれば、当院の医師と連携して迅速な共同治療を受けて頂いたり、救命救急センターの利用に当たっても優先的に受け入れが保障されます。つまり、当院の患者様と同じように診療を受けていただくことができるのです。
また、当院での治療が終わったあとでも普段の治療を「かかりつけ医」で受けていただきながら定期的に当院でも受診や検査を受けていただき、当院医師との共同治療を続けていただくことが可能です。

この他のメリット

この他にも、医院によっては土・日や夜間に開院していたり、往診してくれるところがあったり、大病院では受けられないサービスを用意しているところも多くなってきています。単科のクリニックには総合病院にない専門的な技術や知識を持ったドクターも数多くいて、じっくりと治療を受けるのに適していることも多いのです。