医療関係者へ

詳細な診療情報

呼吸器外科

当科の特色

『診療対象疾患』

・肺癌
・気胸
・転移性肺腫瘍(大腸癌の肺転移など)
・縦隔腫瘍
・胸部外傷
・感染症(肺アスペルギルス症、膿胸など)
・重症筋無力症
・悪性胸膜中皮腫
・漏斗胸など

肺癌診療の特徴

・当院初診の患者様の方針を呼吸器科、放射線科、病理部との合同検討会にて適切に決定いたします。
・必要最小限の検査にて診断をおこない、迅速に治療を進めます。
・患者さんの意向を尊重し、根治性と体への負担を十分に考慮した妥当な無理のな い治療をこころがけています。
・安全性、根治性を第一に考えますが、低浸襲、美容的な一面も考慮にいれた手術を心がけています 。
・早期がんの患者様に対して胸腔鏡下肺葉切除+縦隔リンパ節郭清を積極的に行っております。
・早期でない患者様に対しては抗がん剤治療や放射線治療に手術を組み入れた集学的治療を行っています。
・手術後合併症の予防に努め、術後7-10日目の早期退院をめざしています。
・術後の外来通院では、徹底した管理(腫瘍マーカー、胸部CT、頭部MRI、PET検査)にて、再発と第二がん(再発でなく新しく発生したがん)の早期発見に努め、必要な場合は手術を積極的に行っています。

胸腔鏡下根治術について

 早期がんの患者様に対して胸腔鏡下肺葉切除+縦隔リンパ節郭清を積極的に行っております。従来の開胸手術は肋骨と肋骨の間の筋肉を切り離しそこに器械を差し込み、強引に胸を開けてきました。そのため胸の壁に対する負担が大きいのみでなく、肋骨や肋間神経が傷つき術後の疼痛や違和感が長く続き、患者さんを苦しめてきました。胸腔鏡はカメラで内部の様子を大きくモニターに映すことができるため胸を大きく開く必要はなく、肺を取り出すための傷(せいぜい5~6cm)が必要となりますが胸の壁に対する負担が大きく軽減されます。この手術は、誰でもができるわけでなく肺癌の手術を多数経験した上にさらに胸腔鏡下手術に慣れた医師のみに可能です。ただし、この手術は、すべての患者様に可能ではなく根治性、安全性の面からできないこともあります。

気胸治療の特徴

・他院から要請があったときにも迅速に手術できるように態勢を整えています。
・胸腔鏡を用いて最小限のキズ(負担)で手術を行っております。
・術後3日ほどで退院でき、早期社会復帰が可能です。

その他の疾患に対する治療の特徴

・可能な限り胸腔鏡を使用し、負担の少ない手術を行っております。

当科の実績

 2015年の手術件数は、原発性肺癌209例、転移性肺腫瘍25例、縦隔腫瘍 5例、気胸58例、その他46例でした。

代表的疾患の説明

肺癌

 がんによる死亡原因のトップ(2006年度の男性で1位、女性で2位)であり、今後も年々増加傾向にあると予想されております。CT、PET検診の普及や画像診断装置の性能の向上などによって早期のがんの発見が増加しています。近年の肺癌診療ガイドラインにおいて、初期のがんに対する最も勧められる治療法は手術です。つまり、早期に発見し可能な場合は切除することがベストと現時点では、考えられております。

癌の種類について

 肺癌は大きく小細胞癌と非小細胞癌の二つに分かれます。頻度的には後者が圧倒的に多いのですが、一般的に小細胞癌は非常に悪性度が高く、小さなものでも既に転移していることが多いため手術は適しません。一方では抗がん剤や放射線が有効であるため内科で治療されます。ところが、非小細胞肺癌は小さければできた部位にとどまっていることが多いので手術で切除すれば治ることが期待できます。

診断について

 診断には、細胞を採取してがん細胞であることを確認する必要があります。PETやCTなどの画像診断技術が発達しても病気を間接的にみているわけでそれらのみでは疑いとしか言えません。肺はその構造から細胞を内視鏡などで採取することが困難な場合や危険である場合が多くあります。また、癌に似た画像を生じる疾患も多くあるため診断の確定がむずかしいとされています。近年では、全身麻酔が安全に施行されますので手術中に診断をつけその場で治る手術まで行う方法が多く行われています。

病期について

 病期とはがんの進み具合のことを言います。がんの進み具合によって適切な治療法を選択することが重要です。できた場所にとどまっているがんに対しては手術の選択が適しており、また、体中に散らばっている状態に対しては抗がん剤による全身治療が適しています。CTなどの画像診断にて病期を定め治療方針は決められています。しかし、いくら検査しても、画像ではとらえきれない小さな病巣もありますので検査にも限界があることを理解しておかなければなりません。

手術について

 根治性(治るチャンス)、安全性、体への負担を考える必要があります。肺を切除する量が少なければ少ないほど負担は少ないはずです。しかし、がん細胞は肺の中のリンパの流れにのって、リンパ節に流れて行きます。リンパ節は肺の中から縦隔とよばれる場所に続いています。よって、根治性が一番よいとされる術式は、がんのある部位のみを部分的に切除するのではなく、行きやすいリンパ節と肺を大きくブロックごと切除する肺葉切除+縦隔リンパ節郭清です。一方、肺を切除するためには胸の中に到達する必要があります。胸には肋骨など固い壁がありこの部位をどのように処理するかも負担につながります。胸を大きく開けるのか(昔からの開胸手術で負担が大きい)、それとも可能な限り小さな傷で、カメラで中を大きくモニターに映して手術するのか(胸腔鏡下手術で負担が小さい)で異なりますが、注意すべきことはどちらも肺とリンパ節を切除する量は変わらないので中の負担は同じであるということです。

気胸

 胸の中には、左右に大きな空間があります。この空間を胸腔と呼び、この中に肺が入っています。気胸とは、この胸腔に空気などの気体が貯まった状態をいいます。気体が多く貯まると肺がおされて縮んでしまい、症状が出現します。気胸の原因としては、医療行為によるもの、けがによるものもありますが、多くは突然生じるもので自然気胸と呼ばれています。この自然気胸には、気胸で最も頻度の高い20歳前後のやせ型男性に多い原発性自然気胸と肺にもともとの病気を持っている60歳前後の人たちに生じる続発性自然気胸があります。原発性自然気胸は、原因ははっきりしていませんが肺の一部(多くは肺の頂上部)にブラと呼ばれる非常に弱い袋ができ、それが破れて生じます。破れて生じた穴は、自然に閉じますがブラは残るため再び破れることがあります。手術は、繰り返して破れるブラを切除して再発をおさえることを主目的にし、全身麻酔下で行いますが、胸腔鏡を使用することにより小さな傷で負担を少なくして、早期に社会復帰が可能です。

転移性肺腫瘍

 転移性肺腫瘍は、肺にもともと存在する細胞ががん細胞になったものではなく、他の臓器でできたがん細胞が、血液やリンパのながれにのって肺に運ばれてきてそこで増えてかたまりを作った状態であります。例えば、大腸癌の転移性肺腫瘍ならば、肺のできものは大腸がんの一つの病変ですから、大腸癌の主治医が治療戦略をたて、その治療方針にのって私たちが切除を行い治るためのお手伝いをすることになります。大腸がん、整形外科領域の肉腫、泌尿器領域の胚細胞腫瘍などの転移性肺腫瘍は手術を行うことによって治りやすくなります。各科と連携しチャンスがあれば積極的に切除を行うことがよいと思われます。

縦隔腫瘍

 胸の中にある縦隔という場所にできた腫瘍を縦隔腫瘍と呼びます。特に、縦隔の前方には胸腺が存在し、この胸腺から発生する腫瘍が代表的なものです。なかでも胸腺腫は一番頻度も高く、重症筋無力症などの特殊な病気を合併し特徴的な臨床像を示します。病気の進み具合を表した正岡分類、顕微鏡での特徴を表したWHO病理分類などが広く使用されていますが、きれいに残さず切除できれば治りますので、切除可能かどうかをしっかり評価することが大切です。また、胸腺腫は遠くへ転移することが稀でありますが、周りへ浸潤して増えていく傾向が強い腫瘍です。縦隔には胸腺の隣に重要な血管が存在し、これらに浸潤すればきれいに切除するためには重要な血管を切除再建する必要があります。当院では、優秀な心臓外科医が揃っており、再建を必要とする手術にも対応が可能です。

漏斗胸

 漏斗胸とは、1000人に1人の確率で起こるといわれている前胸部が陥凹する先天性な疾患です。前胸部」が背骨の方に経こんでいるため心臓や肺が圧迫され心肺機能に影響を与えることがあります。心肺機能に問題がなくても美容上の問題で治療を要することがあります。当科では手術が必要な患者様にはNUSS法といって体に合わせて湾曲形成させたチタン合金製プレートを胸腔鏡で観察しながら陥凹した胸骨の下に通して180度回転させて陥凹胸骨を持ち上げるというものです。このプレートは胸郭が矯正される3年後に抜去します。

→ 呼吸器外科の概要