医療関係者へ

詳細な診療情報 いろいろな検査について

免疫血清検査

 免疫血清検査室では以下の検査を行っています

免疫血清検査

感染症検査

 B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、成人T細胞白血病ウイルス、エイズウイルス、梅毒などの検査は、病気の診断・治療のほかに病院職員を守る目的でも行われます。
 その他に、真菌(カビ)の感染がないかを知るためのβ-D-グルカンなどの検査を行っています。

腫瘍マーカー検査

 身体の中にがんができて大きくなるといろいろな腫瘍マーカーの値が高くなります。当検査室では肝臓やすい臓などのがんの目安になるCEA, CA19-9, CA125, AFP, PIVKA-Ⅱ、前立腺がんの指標になるPSA、乳がんや肺がんの診断に役立つCA15-3, CYFRA, SCCなどの腫瘍マーカーを測定しています。腫瘍マーカーにはそれぞれに特徴があり、病気を発見したり、再発をチェックするために用いられます。

自己抗体検査

 人間の身体の免疫機能はウイルスなどの異物に対して反応する「抗体」とよばれるタンパク質をつくっています。しかし自分の成分に対しても反応する抗体を産生してしまうことがあります。これが病気につながることがあり、リウマチや筋炎などの症状を出します。
 当検査室では抗核抗体や、RF(リウマチ因子)、MMP3などを測定しています。

甲状腺検査

 川崎病やバセドウ病などの甲状腺の病気になると、甲状腺ホルモンの値が変化します。甲状腺ホルモンや抗体を測定して、病気の重症度を判定したり薬の効果を見たりします。

その他の検査

 PCT(プロカルシトニン)、TnT(トロポニンT)、ビタミンB12、葉酸、ACTH、コルチゾールなどを測定しています。

腫瘍マーカーの検査目的・高値となる病気の一覧

検査目的 高値となる病気
CEA ①腫瘍全般の診断の指標となります。
②がんの外科手術後の経過観察・再発の早期発見・治療効果判定に用いられます。
③危険度の高い人の定期健診
転移性肝がん・大腸がん・胃がん・膵がん・胆道がん・肺がん・肝硬変・慢性肝炎.・閉塞性黄疸・糖尿病・甲状腺機能低下症
CA19ー9 ①膵がん、胆嚢がん、胆管がんの診断・治療効果や再発の予測に用いられます。
②膵炎と膵がんを区別する指標となります。
膵がん・胆嚢がん・胆管がん・胃がん・結腸がん・直腸がん・胆石症・胆嚢炎・胆管炎・子宮内膜症・卵巣嚢腫
慢性肝炎・慢性膵炎・糖尿病
CA125 卵巣がんの診断・治療効果や再発の予測に用いられます。 卵巣がん・膵がん・胆管がん・肝がん
子宮内膜症・卵巣チョコレート嚢胞・漿膜炎
AFP ①肝細胞がんの診断・治療効果や再発の予測に用いられます。
②肝臓の病気の変化の把握に用いられます。
③異常妊娠や胎児管理の指標に用いられます。
④生まれつきによる奇形の指標に用いられます。
肝芽腫・肝細胞がん
悪性奇形腫・乳児肝炎
肝硬変・劇症肝炎回復期
慢性肝炎・急性肝炎・妊娠後半
高感度PSA ①前立腺がんのスクリーニングに用いられます。
②前立腺がんの大きさ・進行度を反映するので、治療効果の判定に用いられます。
前立腺がん
前立腺肥大・前立腺炎
CA15-3 ①転移しやすい乳癌の診断や転移の発見に用いられます。
②抗がん剤の効果をみるために用いられます。
乳がん(転移性乳がん)
肺がん・卵巣がん
CYFRA 肺がん、食道がんの診断・治療効果や再発の予測に用いられます。 肺がん・卵巣がん・乳がん
SCC ①扁平上皮癌(子宮頚癌、肺癌、食道癌、尿路癌、性器癌)が疑われるときに用いられます。
②扁平上皮癌の治療効果判定に用いられます。
扁平上皮癌(子宮頚癌、肺癌、食道癌、尿路癌、性器癌)
PIVKA-II 原発性肝細胞癌に特異性があり、その診断に用いられます。
AFPとの同時測定で診断率が向上します。
肝細胞癌・慢性肝炎・肝硬変・肝内胆汁鬱滞・ビタミンK欠乏性出血症・吸収不全症候群・ワーファリン投与時

「いろいろな検査」の目次