医療関係者へ

詳細な診療情報 いろいろな検査について

いろいろな検査について

 検査部では 検体検査(血液や体液、組織などの検査)や
 生理検査(超音波、心電図、肺機能、脳波検査など)を行なっています。
 下記のメニューから該当する検査項目を探して、クリックしてください。
 詳細な説明をごらんいただけます。

Menu

1.検体検査

血液・尿・便・喀痰などを材料にさまざまな検査をします。

免疫血清検査 肝炎ウイルス、梅毒、腫瘍マーカー、ホルモンなど
血液検査 血球数、白血球像、血液凝固、骨髄標本染色など
生化学検査 蛋白、AST、ALT、尿素窒素、血糖値など
一般検査 尿蛋白、尿糖など
細菌検査 体液、膿などの細菌の培養・同定、抗生剤の感受性検査など

2.生理検査

患者さんを直接調べることで病気を発見します。

超音波検査 超音波によって臓器の形態、異常を調べます。
腹部、乳腺、甲状腺、頚動脈、足の血管、心臓などが対象です。
痛みや放射線にあたることがないので安心です。
循環機能検査 心臓の働きを調べます。
心電図、負荷心電図脈管検査循環器リハビリテーション検査など
運動機能検査 包括的な運動能力を調べます。
6分間歩行検査など
呼吸機能検査 肺の働きを調べます。肺活量、努力性肺活量、一秒率など
神経機能検査 神経の働きを調べます。脳波、筋電図、睡眠時無呼吸検査など
食道生理機能検査 食道の運動機能や食道内に逆流する内容物の性質を調べます。
聴性脳幹反応検査 音が聞こえているか調べます。

3.中央採血室