医療関係者へ

詳細な診療情報

泌尿器科

腹腔鏡手術

 腹腔鏡手術では 腹部に開けた小孔から、内視鏡や手術用器具を用いて手術を行います。患者さんにとっては外見的に傷が小さいだけでなく、筋肉を大きく切開しないことで、術後の回復が早く早期社会復帰ができる利点があります。手術を行う外科医の方の利点としては、からだの奥深い部分でも明るい視野で拡大して観察することができるという点に加え、気腹圧により小静脈からの出血がみられないため出血量が少ないことなどが挙げられます。

 泌尿器科分野の腎、膀胱、前立腺などの後腹膜臓器でも腹腔鏡手術が急速に普及しています。腎、副腎は体の背中側に存在し肋骨に囲まれているため、従来の開放手術では肋骨を切除したり、脇腹を大きく切開していたのですが、小孔のみの創部は患者さんにとっては大きな長所となります。さらに 当科ではできるだけ傷がのこらないような道具も使ったり(図1) 女性の患者さんで可能であれば膣からの臓器の取り出しを行うことで ほとんど傷跡の残らない(図2)方法も採用しています。

 また前立腺は骨盤底の一番深い所に存在し、周囲を豊富な血管で囲まれているため、良好な視野が得ることが難しかったのですが、体の内部まで観察できる腹腔鏡を使い出血のない拡大視野の中で手術を行うことで 緻密な手術が可能な腹腔鏡手術が発展してきました。

 腹腔鏡下副腎摘除術(図3)は 原発性アルドステロン症、クッシング症候群、内分泌非活性腺腫、褐色細胞腫などの良性副腎腫瘍に対する標準術式となっています。 ガイドラインでも腹腔鏡下腎摘除術は 7㎝以下の腎癌、腎盂尿管腫瘍などの悪性腫瘍に対しても標準術式とされています。縫合技術を要する腹腔鏡下腎部分切除術(図4)、 腹腔鏡下前立腺全摘除術は まだ一部の施設でおこなわれているのみです。

現在 当科で行っている 主な泌尿器科腹腔鏡手術は

  • A. 腹腔鏡下副腎摘除術(図3)
  • B. 腹腔鏡下腎摘除術 および 腹腔鏡下腎部分切除術(図4)
  • C. 腹腔鏡下腎盂形成術(図5)
  • D. 腹腔鏡下前立腺摘除術
  • E. 腹腔鏡下膀胱全摘除術
  • F. 腹腔鏡下生検術
  •  などです。

当科での 腹腔鏡手術実績(2012年7月-2014年12月)

  • 腹腔鏡下副腎摘除術   20例
  • 腹腔鏡下腎摘除術    76例
  • 腹腔鏡下腎部分切除術  30例
  • 腹腔鏡下前立腺全摘除術 12例
  • 腹腔鏡下腎盂形成術   6例
  • 腹腔鏡下膀胱全摘除術  2例
  • 腹腔鏡下腎生検     4例
  • 腹腔鏡下リンパ節生検  13例

図1 細い手術道具を用いた 傷跡の残らない腹腔鏡下副腎摘除術

図2 摘出した腎は 膣から取り出し 3か所の傷跡のみ残る

図3 腹腔鏡下副腎摘除術 (褐色細胞腫)

図4 腎上極の腎癌に対する腹腔鏡下腎部分切除術

図5 水腎症に対する腹腔鏡下腎盂形成術

業績 2006~

1) Y.Funahashi, R.Hattori, T.Yamamoto, N.Sassa, T.Fujita, M.Gotoh Effect of warm ischemia on renal function during partial nephrectomy: assessment with new 99mTc-mercaptoacetyltriglycine scintigraphy parameter. Urology 79, 160-164, 2012

2) T.Ogawa and R.Hattori Safe use of ultrasonically activated devices based on current studies. Expert Rev. Medi. Device 8, 319-324, 2011

3) R.Hattori, Y.Yoshino, T.Komatsu, Y.Matsukawa, Y.Ono, M.Gotoh . Pure laparoscopic complete excision of distal ureter with a bladder cuff for upper urinary urethelial carcinoma. World J Urol. 27(2) , 253-258 , 2009

4) R.Hattori, O.Kamihira, Y.Yoshino, F.Tsuchiya, T.Fujita, S.Yamada, Y.Funahashi, Y.Ono, M.Gotoh. Laparoscopic radical nephrectomy for large renal-cell carcinomas. J.Endourol. 23(9) ,1523-1526 ,2009

5) R.Hattori, Y Yoshino, M Gotoh, M Katoh, O Kamihira, Y Ono. Laparoscopic nephroureterectomy for transitional cell carcinoma of renal pelvis and ureter: Nagoya experience. Urology 67:701-705, 2006

6) 服部良平 腎部分切除術の普及と問題 Phama Medica 30, 37-40,2012

7) 服部良平 腎盂尿管癌  日本臨床 17 660-663、2012

8) 服部良平 腎盂尿管癌の手術療法 腹腔鏡手術 日本臨床 68 411-415,2010

9) 服部良平 ハンドアシスト法による腹腔鏡下ドナー腎摘除術 腎移植・血管外科20(2)、91-95、2008

10) 服部良平 泌尿器科領域の腹腔鏡下手術 今日の治療指針 821-822、2008

11) 服部良平 内分泌外科領域の教育の在り方―専門医制度の設置に向けて 前立腺疾患領域 内分泌外科 24(4)、187-191、2007

12) 服部良平、小野佳成 止血器具とクリップの安全な使用法 Jpn J Endourol ESWL 19、8-14、2006

13) 服部良平、小野佳成 内視鏡下腎盂切開術 臨床泌尿器科 60(11)、803-809、2006

14) 服部良平、小野佳成 血管吻合、止血のための血管縫合 腎移植・血管外科 18(2)、63-68、2006