医療関係者へ

地域がん診療連携拠点病院

緩和ケアセンター

緩和ケアセンターとは

 がんにともなって起きる、体のつらさ、こころのつらさ、生活のつらさなど、さまざまなつらさを抱えた患者さんとご家族を支えるホスピスです。さまざまなつらさのために在宅療養が困難となったときに利用していただく施設で、症状が落ち着いた場合には退院することもできます。

 ホスピスでは患者さんが穏やかに自分らしく生きてゆけるよう、お手伝いします。

緩和ケアセンターの理念

 生命を脅かす疾患に直面している患者さんとご家族に対し、痛み、その他の身体的、心理社会的、スピリチュアルな諸問題の早期かつ的確な評価・治療を行い、可能な限り快適な生活を送れるように支援します。

緩和ケアセンター入棟条件

  • ・がんの治療や延命のための積極的治療が終了している。
  • ・がんにともなう身体的、精神的、社会的苦痛があり、入院による緩和治療を必要としている。
  • ・治療を目的とした抗がん剤などの治療をしないことを患者さんとご家族が理解している。
  • ・心臓マッサージ、人工呼吸、心電図モニター、昇圧剤などの延命治療での治療・処置はしないことを患者さんとご家族が理解している。
  • ・患者さんとご家族が緩和ケアセンターに入院を希望している。
  • ・レスパイトケア(介護疲れなどで短期間患者さんが緩和ケアセンターに入院すること)。
  • ・がんに伴わない精神状態のコントロールが難しい場合は、ご家族の協力が得られる。

緩和ケアセンターの退棟条件

  • ・症状がコントロールされ、転院あるいは退院(在宅医療)が可能と判断される。
  • ・患者さんとご家族が退院もしくは転院を希望している。
  • ・抗がん剤治療を希望している。
  • ・対症療法ではなく、治療が必要な症状があり、その治療が優先される。
  • ・がんにともなわない精神状態の調整が難しく、他の入院患者さんに迷惑がかかり共同生活が難しく、病棟での管理が困難である。

↓写真をクリックすると拡大表示されます。

緩和ケアセンターの特徴

  • ・症状緩和に必要な検査・処置・治療は、患者さんとご家族と相談しながら行います。
  • ・患者さんとご家族の希望で24時間いつでも一緒にいることができます。面会時間の制限はありません。ご家族と過ごす時間が患者さんにとって大きな心の支えになると考えています。
  • ・外出、外泊、ご旅行も可能です。
  • ・ペットの面会、飲酒等は、一定の基準に従っていただく場合は可能です。
  • ・喫煙については、平成20年以降当院敷地内全面禁煙にともない、院内基準を遵守させていただきます。

緩和ケアセンターのケア

  • 痛みやつらい症状の軽減
    痛みやつらい症状(息苦しさ、吐き気、食べられない、不眠、だるさ等)をやわらげます。
  • 「あなたらしさ」を大切にします
    ケアの内容や、生活面で患者さんご本人が大切にしたいと思うことについては、できる限り希望を大切にします。
  • 大切な人たちとの時間
    ご家族や友達と気がねなく自分らしい生活を送ることができるよう配慮します。
  • 日常生活のサポート
    食事、入浴、排泄、散歩など、日常生活のいろいろな場面で専門スタッフによるサポートを受けることができます。訓練を受けたボランティアも患者さんとご家族の支援に活躍しています。
  • こころのケア
    患者さんとご家族のこころをケアします。病気に関することはもちろん、生活上の悩みも受け止めて、サポートします。
  • 家族ケア
    ご家族は、患者さんにとって大切なサポーターですが、悩んだり、疲れたりすることもあります。ご家族のサポートは、緩和ケアの大切な目標のひとつです。
  • 四季折々の行事
    納涼会、クリスマス会など四季折々の行事、誕生日などのそれぞれの方の大切な記念日を、スタッフやボランティアと一緒に楽しみます。

費用

 緩和ケアセンターへ入院した際の医療費は、健康保険の対象となります。
 高額療養費制度および限度額適用認定証等の利用も可能です。
 緩和ケアセンターは全床個室ですが、個室費用(差額ベッド代)はかかりません。
 医療費などでご心配な場合は、医療社会事業相談室にご相談ください。

高額医療制度とは

 1ヵ月の医療費(健康保険が使えるもののみ)が、一定限度を超えると払い戻しが受けられます。収入等によって、負担額が変わる場合がありますので、詳しくは医療社会事業課相談室までお問い合わせください。

緩和ケアセンターのチーム医療

 主治医、緩和ケア担当医やその他の専門医、看護師、薬剤師、臨床心理士、ケースワーカー、栄養士などの医療スタッフとボランティアがチームを組んでケアにあたっています。

緩和ケアセンターを治療の選択肢の一つとしてお考え下さい

 最期をどこで迎えるか、一般病棟か、ホスピスか、ご自宅で迎えたいのかは、患者さんやご家族が決めることが出来ます。

ご家族との関わり

 患者さん、ご家族の希望でいつでも一緒にいることが出来ます。ご家族と過ごす時間が患者さんにとって大きな心の支えとなるからです。
 また、大切な方を亡くされたご家族の支援を行っています。毎年秋に遺族会を開催しています。

緩和ケアセンターは

  • ・全室無料個室です。
  • ・トイレ、洗面台、テレビ・冷蔵庫(有料・カード式)、ソファーベッドを設備しています。
  • ・センター内にミニキッチン、食堂、デイコーナーや、家族控え室、ご家族も利用できる浴室があります。
  • ・患者さんやご家族の希望に応じて、外出・外泊・退院も可能です。

受診の方法

◎当院受診中の方
  主治医、看護師にお尋ねください。
◎他院受診中の方
  緩和ケア外来 毎週火曜日・水曜日午後開設(完全予約制)
  詳しくは患者相談室にお問い合わせください。

お問い合わせ先

患者相談室 TEL 052-485-3503
FAX 052-485-3504

利用状況

  平成25年度 平成26年度 平成27年度
一日平均入院患者数(人) 18.9 18.8 19.9
入院数(合計・人) 236 237 253