医療関係者へ

肝がんについて

肝がんについて

肝がんとは

 肝臓を構成する細胞には, 各種栄養素の合成, 分解貯蔵に関係する肝細胞と胆汁を分泌する胆管細胞があり, おのおのの細胞からがんが発生し, それぞれ 肝細胞がん, 胆管細胞がんとよばれています( 原発性肝がん) 。原発性肝がんの95% は肝細胞がんで占められていますので, 以後は肝細胞がんについて説明します。

原因

 日本人の肝がんの90% 以上はB 型,C型肝炎ウィルスの感染によっておこっています。肝炎ウィルスに感染してから慢性肝炎, 肝硬変を経て約30年で肝がんが発生します。B 型,C型肝炎ウィルスの感染は血液を介しておこり, 最近の急激な肝がんの増加は戦後の売血制度や輸血を多用した肺結核手術が原因とみられています。現在は輸血による感染はほぼ完全に防止可能となっています。また分娩時にB 型肝炎ウィルス陽性の母から児への感染が起こること( 母子感染) も予防可能となっています。
 肝がんの診療、治療については厚生労働省の肝がん診療ガイドラインに基づいて診療、治療を行っています。詳細はhttp://www.jsh.or.jp/medical/liver/を参照下さい。

診断

 肝臓は予備能力が大きいので肝がんが発生しても通常の肝機能検査にはがんとしての異常所見が現れないことが多く,そのため一般的には血中腫瘍マーカーや腹部超音波検査(US)によってがんのスクリーニングが行われています。腫瘍マーカーにはアルファフェトプロテイン( AFP ) とPIVKA Ⅱがあります。AFP は肝硬変でも高くなることがありますので,AFPのみで肝がんと診断する訳にはいきません。PIVKA ⅡはAFP が上昇しないタイプの肝がんや早期肝がんの診断に役立ちます。USは腹に超音波を発生する機械を当てて観察する検査法です。腹部CT検査はレントゲン的に身体を輪切りにする方法です。US,CTは肝がんの存在, その拡がりが診断できます。また合併している慢性肝障害の程度も推定することができます。CTではリンパ節転移の有無も診断できます。精密検査としては肝血管造影がおこなわれ, 肝臓内を走るどの動脈ががんに栄養を与えているか, 脈管侵襲( 門脈, 肝静脈ががんに侵されている) があるかどうかを調べます。また血管造影をしながら CT 撮影を行い, 通常のCTでは見つけることが難しい主病巣以外のがんを診断します。血管造影は入院して行いますが, これは治療方針の決定に最も重要な検査です。

病期

 肝がんの進行程度( ステージ) は肝がんの進展状況を示すT 因子, リンパ節転移の状況を示すN 因子, 遠隔転移の状況を示すM因子の3 因子の組み合わせで決められます。T 因子はがんの大きさ( 最大径が2cm 以下か以上か),がんの数(1個かそれ以上か),がんの分布( 左葉とか右葉に限局しているか, 両方に散在しているか),脈管侵  襲の有無によって規定されています。この病期( ステージ) と次に述べる臨床病期を勘案して治療方針を決定します。

臨床病期

 肝がんの進行程度( ステージ) とは別に併存する慢性肝障害の程度を評価するために臨床病期分類があります。この臨床病期は患者さんがどの程度の治療に耐えられるかという肝臓の予備能力を示すもので, ⅠからⅢまであり, 腹水, 黄疸, 血清アルブミン値( 蛋白合成能),ICG(解毒機能),プロトロンビン活性値( 凝固能) によって規定されます。肝臓がんの患者さんは必ずしもがんで亡くなられるとは限らず, 併存する慢性肝障害( 肝硬変) がひどければそのために亡くなられることもあります。たとえば臨床病期Ⅲでは仮に肝がんの進行程度( ステージ) が低くてもがんとしての治療を行うより, 腹水, 血清アルブミン値などの改善や食道静脈瘤の治療を行うことのほうが適切といえます。

当院消化器内科で行っている治療

 当科では年間約30例の肝がんを治療しています。主な治療はラジオ波焼灼治療(Radiofreequency Ablation:RFA)、エタノール注入療法(PEI)、肝動脈塞栓術(TAE)です。昨年度実績でRFA 11例、12回、PEI 5例、36回となっています。
 ラジオ波焼灼治療(Radiofreequency Ablation:RFA);ラジオ波により発生する高熱により病変部を凝固壊死させる治療法であり、従来の化学療法や放射線治療とは全く異なる機序に基づく治療法として各種悪性腫瘍に対して応用されています。なかでも肝腫瘍に対するRFAはその臨床的有用性が多数報告されており、現在すでに日常診療において広く実施されています。
 エタノール注入療法(PEI);超音波下に皮膚を通して治療用の特殊な針で肝がんを刺してエタノールを注入することによってがん細胞を凝固壊死に陥らせます。がんの大きさが3cm 以内,3個以下のものが適応となります。
 肝動脈塞栓術(TAE);血管造影でがんを栄養している血管が増生していれば, がんのすぐ傍までカテーテルという細いチューブを挿入し, スポンゼルというゼラチンのような物でがんが栄養としている血管の血流れを止めてがんを兵糧攻めにして壊死させます。それと同時に抗ガン剤を混入したリピオドールをがんの中に注入( ケモリピオドリゼーション) してがん細胞を叩きます。
 化学療法:肝動脈内または全身的に抗ガン剤を投与します。上記いずれの治療にも適さない場合に行われることがあります。