医療関係者へ

地域がん診療連携拠点病院

外来化学療法センター

概 要

 外来化学療法センターは、化学療法内科を除く外来診療科とは独立した専用フロアで、がん化学療法を行っています。当院では2002年に外来点滴センターを4床で開設し、2009年1月、西棟7階に31床(リクライニングチェア9床、ベッド数22床;個室3床、小児室2床)へ増床し、外来化学療法センターと名称を変更しました。

 外来化学療法センターで実施するがん化学療法は、小児を含む全ての診療科の患者さんが対象です。2014年の外来化学療法センター利用患者数は、月平均延べ750件(ホルモン療法を含む)、1日平均40名です。

 外来化学療法センターで行われる治療の所要時間は30分以内~6時間以上を要します。そのため患者さんは自宅で過ごす時と同じように飲食したり、テレビやDVD、音楽鑑賞をしながら治療を受けています。

入口

入口

リクライニグチェア

リクライニグチェア

受付

受付

全景

全景

ベッド

ベッド

がん化学療法を受けた患者数

がん化学療法を受けた患者数グラフ

対象疾患

  • ・呼吸器内科・呼吸器外科:肺がん(小細胞肺がん、非小細胞肺がん)、悪性胸膜中皮腫など
  • ・消化器内科・一般消化器外科:胃がん、膵がん、胆道がん、結腸・直腸がん、食道がんなど
  • ・乳腺・内分泌外科:乳がん
  • ・婦人科:子宮がん(子宮頚がん、子宮体がん)、卵巣がん、絨毛性疾患など
  • ・皮膚科:悪性黒色腫
  • ・血液内科:白血病(維持療法)、悪性リンパ腫(ホジキン病、非ホジキンリンパ腫)、MDS、多発性骨髄腫など
  • ・小児科:白血病(維持療法)、悪性リンパ腫など
  • ・口腔外科:口腔がん、歯肉がんなど
  • ・耳鼻咽喉科:咽頭・喉頭癌、耳下腺・顎下腺がん、甲状腺がん、食道がん、鼻腔がんなど
  • ・脳神経外科:脳腫瘍
  • ・泌尿器科:前立腺がん、膀胱がん、腎細胞がん、腎盂・尿管がん、精巣腫瘍(胚細胞腫瘍)など
  • ・化学療法内科:婦人科および呼吸器の腫瘍を除く固形がん全般、肉腫など

安全・確実・安楽な治療

 外来通院をしながらがん化学療法を受ける患者さんは、自宅で患者さん自身が副作用をコントロールしなければなりません。外来化学療法センターには、がん化学療法に関連した専門の資格を持った医師・薬剤師・看護師を中心に、患者さんが「安全」「確実」「安楽」に治療を受けることができるように協働しています。治療による副作用症状や症状に対する対策、疾患や治療に関する不安など、患者さんの生活背景に合わせて、ライフスタイルを大きく変えることなく、その人らしく過ごすことができるよう患者指導を行っています。そして外来化学療法センターは、化学療法センター(病棟)と連携しています。病棟で携わった看護師が外来化学療法センターで担当することもあり、安心して治療が受けられます。

 専任の薬剤師が常駐して、患者さんの治療内容の管理や薬剤の準備、薬剤指導を行っています。

朝のカンファレンス

朝のカンファレンス

薬剤師によるミキシング

薬剤師によるミキシング

患者さんの1日の流れ

 外来化学療法センターの稼働時間は、8:50〜17:20の完全予約制です。各診療科の診察が終了した後、外来化学療法センターに移動し、準備が整い次第、治療が開始となります。

西棟2階;中央処置室(採血・採尿)→西棟1階;放射線部(レントゲン・CTなど)→西棟2階;検査センター(心電図・超音波)→各診療科の受付へ→診療科で診察

<西棟7階 外来化学療法センターへ移動>

受付→投与準備〜投与中→投与終了

緊急時の対応

下記の症状が出現した時は外来受診し、医師へ相談しましょう。

  • ・38℃以上の発熱
  • ・呼吸困難、息苦しさがおさまらない
  • ・出血または出血傾向にある(歯肉や鼻からの出血、血尿、吐血、喀血)
  • ・1日3回以上嘔吐し、吐き気がおさまっても食事や水分が摂取できない
  • ・強い痛み(痛み止めの効果がなく、痛みが強くなるなど)
  • ・5回以上の下痢や便の性状がだんだんと悪くなるなど

連絡先:(052)481-5111  *夜間・休日は、救急外来対応となります。

平日 各診療科 8:50~17:20
休日・祝日・夜間・時間外 救急外来 17:20~翌日8:50

電話連絡する時は、下記の内容をお伝えください。

  • ・○○科で化学療法を受けていること
  • ・氏名
  • ・診察券番号
  • ・主治医
  • ・病名
  • ・現在の症状  例.発熱、吐き気、便秘、食欲不振など

*来院の際は、保険証と診察券をお持ち下さい。

看護師イラスト