医療関係者へ

地域がん診療連携拠点病院

緩和ケアチーム

緩和ケアチームとは?

 緩和ケアは、診断された時や治療(手術・抗がん剤・放射線)とともに、並行して行われます。

 治療できなくなった人に残されたものが「緩和ケア」、ホスピスの医療が「緩和ケア」だと、思っておられるかもしれませんが、これは誤解です。

 「心とからだの苦痛を和らげる」ことが、緩和ケアです。

 心とからだの苦しさを取り除くことで、治療がうけやすくなり、体に良い影響をもたらします。

 主治医・担当看護師と協力して、緩和ケアをお手伝いさせていただくチームです。

緩和ケアチームのメンバーは?

 専門知識をもった医師・精神科医・看護師・薬剤師・臨床心理士が主なメンバーです。

 必要に応じてソーシャルワーカー、退院支援担当、栄養士、理学・作業療法士も加わります。

どんなことを相談したら?

 痛み・はきけ・不眠・便秘・息苦しさ・だるさなどのからだの症状。

 気持ちのつらさ・経済的不安・日常生活への不安、今後の生活への不安など、さまざまなご相談をお受けしています。

どんな人が対象?

 当院に入院中・外来通院中の、がんと診断された患者さんとそのご家族です。

どうしたら相談できる?

 主治医や看護師などにおたずね下さい。

 1階「がん相談支援センター」でも相談をお受けしています。

いつみてもらえる?

 入院患者さんの回診は、毎週月・水・金曜日の午後におこなっています。

 外来患者さんは、毎週火曜日の午後に診察をお受けしています。

緩和ケアチームに相談するには?

 入院中・外来通院中を問わず、いつでも受けられます。

 主治医・看護師にお気軽におたずねください。