医療関係者へ

地域がん診療連携拠点病院

クリニカルPETセンター

PET-CT検査

 がん細胞は、正常の細胞よりも分裂が盛んにおこなわれており、ブドウ糖をたくさん消費するといわれています。そのため放射性フッ素で印をつけたブドウ糖(フルオロデオキシグルコース・FDG)はがん細胞に多く集まり光ります。このようすをPETカメラでとらえ画像化します。この検査法は肺がんや大腸がんを代表としたがん診療にきわめて役立つことが分かってきました。また、がんのほかにブドウ糖を消費する脳(てんかん)や虚血性心疾患の診断にも保険が適応され、臨床に有用であるといわれています。
 最近ではPETカメラとしてPET-CTが用いられています。この装置はPETとCTを合体させた複合機です。CTとPETを比較すると、CTでは外部からX線を照射して全体像を観察しているのに対して、PETなどの核医学検査では生体内部の放射性トレーサーを観察しているという差があります。すなわち生体の機能をとらえるPET画像と、形態をとらえるCT画像が一回の検査で得ることの出来る画像診断機器です。診断は両方の画像を重ね合わせた画像(フュージョン イメージ)でおこなうため正確にがんの臓器や位置が特定できます。この方法は従来のPETカメラより20%以上診断能が向上するといわれています。