採用情報

採用情報

入職者からのメッセージ

緩和ケアセンター

看護師 森田早織

出身校:山田赤十字看護専門学校(平成18年卒)

出身地:三重県四日市市

 私が当院に転職を決めた理由は、緩和ケアセンターがあることでした。これまで一般病棟で働き、急性期・終末期など様々な患者さんと関わらせていただきましたが、その中で緩和ケアについて知識を深めたいと思うようになったためです。

 配属先は希望していた緩和ケアセンターでしたが、転職し、最も不安を感じていたのが新しい職場に適応できるかどうかでした。しかし、経験者にもプリセプター制度があり、丁寧な指導の下、仕事に慣れることができました。

 転職して2年目になり新たな環境にも慣れてきましたが、学ぶことはまだまだ多くあります。病棟では、患者さん・ご家族がより良い生活を送れるようチームで考え、話し合い、個々に応じた看護を行っています。患者さん・ご家族にとって病棟は日常生活の場であるため、一日一日を大切にし、自宅で過ごしているような安心感のある入院生活が送れるよう、お手伝いをさせていただいています。

採用情報

採用情報

救命救急センター(救命B)

看護師 宮碕祥衣

出身校:県立愛知看護専門学校(平成18年卒)

出身地:愛知県岡崎市

 私は看護師として働くのにブランクがあり、復職することに対して不安がありましたが、病院見学会に参加した際、教育に力を入れており教育体制がしっかりしていることを知り当院に転職を決めました。忘れている知識、技術を思い出せるか不安な思いを持ったまま入職しましたが、新入職員の集合研修を経て部署へ配属されてからもマンツーマンで指導してもらい、いつの間にか当初の不安は消えていました。未経験の部署であり戸惑いもありましたが、プリセプター、指導者も経験者として当院に転職した先輩で頼りになり、とても心強い存在でした。

 また様々な研修があり、赤十字の活動についても学ぶことができます。災害救護、国際活動なども興味が出てきて、看護の幅が広がっていることを感じます。

 患者さん一人ひとりに対して、きちんとケアしていこうという思いが伝わってくる信頼、尊敬できるスタッフと共に日々働けることに感謝しており、数ある病院の中から当院を選んで良かったと思っています。

採用情報

採用情報

小児医療センター(西7)

看護師 岩下沙弥佳

出身校:三重大学(平成19年卒)

出身地:三重県四日市市

 新人の頃から他院の脳外科病棟で3年間看護師として働いていましたが、家族の介護があり退職しました。家族介護の中で、自分の看護観を見つめ直したい思いが強くなりました。その際、名古屋第一赤十字病院の病院見学・インターンシップに参加し、病棟の造りや患者さんと関わる看護師の先輩の姿に背中を押してもらったような気持ちになり、当院に入職を決意しました。

 入職してからはシステムに慣れることから始まりましたが、既卒の新人でも研修はしっかり受けることができ心強く感じました。また、病棟それぞれで自分に合ったペースで学ぶことができ、新しい分野でも気負うことなく看護について考える時間ができました。

 現在は小児科病棟で日々学んでいますが、ご家族の意思が重要になってくる面で、初めは戸惑いも多く感じました。しかし、あらゆる面で、親が児に与えている影響の大きさを実感し、家族看護の魅力を感じています。

 今後もスタッフ皆で刺激し合いながら、よりよい看護を考え実践していけたらと思います。

採用情報

採用情報

整形外科・形成外科センター(西8B)

看護師 千賀栄美

出身校:岐阜医療技術短期大学(平成18年卒)

出身地:岐阜県岐阜市

 私が新たな一歩を踏み出し、中途採用試験を受ける上で一番不安に思っていたことは、「経験者だから出来て当たり前」と思われ、しっかりとした教育がないまま働くことでした。そのため、教育プログラムがしっかりしている病院であること、教育体制に自信をもっている病院を選択することにこだわっていました。ここ名古屋第一赤十字病院は、中途採用者にも教育プログラムが作られており、院内教育も多く開催されています。また、病院の基本方針・看護部の基本方針共に教育に関する項目があり、力を入れている印象を得たため就職を決意しました。

 入職後は日々多忙ではありますが、フォローをしてくださる上司と、ベストな看護をするにはどうしたら良いかと一緒に考え合える仲間が多くいる職場であるため、やりがいと楽しさを感じながら働くことができています。また、若いスタッフが多いため、新たな考え方を得ることができ、日々やる気を貰え、初心を忘れることなく働き続けられる病院であると感じています。

 研修や講演も多く開催されており、積極的に参加しています。当院に入職してまだ1年弱ですが、多くの知識を得られ、日々成長できていることを実感できており、入職して本当によかったと感じながら働いています。

呼吸器センター・眼科(西9B)

看護師 谷吉人

出身校:岐阜保健短期大学医療専門学校(平成15年卒)

出身地:滋賀県米原市

 私が名古屋第一赤十字病院に就職を決めた理由は、東日本大震災でした。2011年3月11日に東日本大震災があり、災害支援看護師として他病院の医療従事者と活動することとなった私は現地へ向かいました。何もない街、残された家族、予震の恐怖、積み上げられた今後の課題。すべてが自分の胸に刻み込まれました。当時勤務していた病院から現地への派遣要請は1ヶ月で終わり、災害派遣自体も数ヶ月で終わりました。しかし、日本赤十字社は継続して被災地に医療を提供し続けていたことから、他病院との「熱」の違いに感動し、自身も「赤十字看護師として成長したい」と考え転職を決意しました。

 名古屋第一赤十字病院に転職し1年になろうとしている今ですが、転職を決意し本当に良かったと思うことはいくつかあります。ひとつは、自分の目標や課題に応じて看護師としての成長を支援してくれることです。私の場合、DMATとして活動したいという目標がありますが、BLS、ACLS、JPTECなどの取得や災害に対しての研修など、個人のレベルとペースに応じ取り組めることに魅力を感じています。日々の成長が実感できると看護師としてのモチベーションも上がります。

 もうひとつは、他病院には少ない診療科があり、看護師として活躍する中で仕事の選択肢が増えるということです。看護師としてどのような仕事がしたいか、将来どうなりたいかなど、方向性や仕事の楽しみの幅が広がることに魅力を感じています。

 どの診療科も医療の質が高く、質の高い医療に日々携わることができることから、名古屋第一赤十字病院に就職し本当に良かったと実感しています。

神経内科センター(西10B)

看護師 林朋子

出身校:岐阜県立看護大学(平成19年卒)

出身地:岐阜県岐阜市

 私が当院に就職を決めた理由は、交通の利便性、勤務体制、そして秋採用の募集があったからです。当院の秋採用は中途採用の一斉募集のため確実に同期がいること、はじめの数日間は全体研修のため、少しずつ病院に慣れることができるということが私にとって魅力的でした。

 実際に就職してみると、思っていたとおり全体研修のときに同期と仲良くなることができました。病棟の中で悩みを聞いてもらうこともありますが、中途採用ならではの悩みや葛藤を分かり合える仲間がいるということはとても嬉しく心強いです。

 配属された病棟では、プリセプターの方がついてくださり丁寧に指導をしていただいています。システムや物品の違いで戸惑うことが多く、又、未経験の診療科であるため日々勉強ですが、どのスタッフの方も親切に教えてくださるので有難く思っています。

 家庭と仕事の両立に不安もありましたが、充実した日々を送り両立させながら頑張っています。

採用情報

採用情報

消化器センター(西11A)

看護師 小澤絵里

出身校:名古屋市立大学大学院(平成24年卒)

出身地:愛知県一宮市

 私は、他院で5年間病棟勤務を経験した後、5年間臨床から離れていました。その期間に臨床で働くことの魅力を再認識し、病院への再就職を決意しました。

 しかし、目まぐるしく進化している医療現場に5年のブランクを抱えて再就職することは、非常に勇気がいりました。知識や技術が追いつかないのではないか、職場に馴染めるのか等、不安でいっぱいでしたが、数ある病院の中から名古屋第一赤十字病院を選びました。

 一番の決め手は、教育体制が整っていることでした。新人教育はもちろん、中途採用者に対しても、しっかり受け入れる体制が整っています。研修や勉強会が充実しており、最新の医療を学ぶ機会が豊富です。

 また、私は消化器内科で勤務して今年で2年目ですが、スタッフが温かく、個人に合わせ、レベルや要望に配慮された指導を提供して頂けているので、安心して働くことができます。家庭を持ちながら働いているスタッフも多く、笑顔で明るい職場ですので働きやすく、この病院に就職して良かったと思っています。

 当院では、個人に合ったキャリアアップが可能なので、中途採用でお悩みの方も非常に働きやすいと思います。ぜひ一度、見学に来て下さい。

採用情報

採用情報

女性センター(西12B)

看護師 栁田有佳

出身校:愛知県立総合看護専門学校(平成13年卒)

出身地:愛知県半田市

 私は結婚・出産・引っ越しなどにより転職した経験があり、当院で三つ目の病院になります。

 当院を選んだ理由は、認定看護師が多数在籍しているため、看護に迷ったとき専門的な意見を聞くことができる環境であること、コメディカルが充実しており看護に専念できる環境であること、中途採用者用の教育体制がしっかりしていること、通勤の利便性などからです。

 現在は女性センターで勤務しています。患者さんは、手術・検査をうける方、癌終末期の方、呼吸器離脱困難の方など様々です。就職して感じたことは、チーム医療が高いレベルで機能しているということです。緩和ケア、呼吸サポートチーム、褥瘡回診など、対象の患者さんがいれば、チームで病棟に来て関わり、適切な助言を受けることができます。

 また、退院支援も積極的に行っています。在宅看護が必要な方が退院する前には、退院支援看護師と共に病棟看護師も、退院後に関わってくださるケアマネージャー、訪問看護師、ヘルパーの方々とカンファレンスをし、安心して継続看護へつなげることができます。

採用情報

採用情報

救命救急センター初療室(西1)

看護師 愛甲ゆかり

出身校:愛知県医師会名古屋看護専門学校(平成17年卒)

出身地:愛知県名古屋市

 私は他院で5年間勤務した後、当院へ就職しました。以前の職場が産婦人科単科病棟であり、基礎看護技術や知識が不十分であると感じ、もっと幅広い分野の知識や技術を高めたい、そのためには教育体制の整った病院に就職したいと思ったことが転職した理由です。

 当院では経験者に対しても経験者担当の指導者がつき、個々の能力に合わせた指導が行われます。また、知識面では院内研修が充実しており認定看護師も多くいるため、興味を持つ分野の知識を高めることができました。

 外科病棟を経験後、現在、救急初療室に異動となり、救急搬送されてくる患者さんの対応をしています。転職を決めた時、患者さんの痰吸引の経験もなかったような未熟な私でしたが、いつか急変対応ができる看護師になりたいと思っていたので、今の部署で様々な年齢、疾患の患者さんの看護をすることができ、とても勉強になっています。

 また、私と同じように中途採用の看護師も多くおり、尊敬できる仲間と共に楽しく仕事をしています。

 転職はとても勇気がいりましたが、当院へ就職をしてよかったと思っています。

採用情報

採用情報