採用情報

看護部

専門分野で活動するスタッフ

認定看護師の活動紹介

集中ケア認定看護師 秋江百合子

ICU/救命Aの看護師長として質の高い治療と患者の生命の安全、心身の安楽を第一に考えた看護が提供できるチーム医療を目指しています。たくさんの医療機器やバイタルサインからの変化だけでなく、患者の些細な変化を鋭敏に感じ取り、常に五感と経験からくる第六感を駆使しながら、患者の変化・訴えを察知し、それが大きな変化となる前に適切な介入を行えるように心掛けています。その他、人工呼吸器管理チーム(RST)や口腔ケアチーム(OMT)にも所属し、院内の呼吸管理の知識と技術の向上に努めています。

救急看護認定看護師 安藤俊子

救急センターに所属しています。私が認定を取ってから続けている取り組みは、院内急変事例の振り返りです。貴重な体験を皆で共有すると、急変時の対応だけでなく、急変前のアセスメントや記事の書き方、医師への報告の方法、チームワークの取り方など多くのことに気付けます。少し振り返る機会があると、チーム力は高まると考えています。また、危機的状態にある患者様だけでなくご家族にも寄り添えるように取り組んでいます。

救急看護認定看護師 髙田恵理

過大侵襲術後や急性疾患、突発的な出来事により生命が脅かされている患者さんを対象に、病態や生体反応を理解し様々な側面からタイムリーに必要なケアを選択・実践できるように、時にチームの調整役を担いながら患者さんを早期回復へ導けるように活動しています。

救急看護認定看護師 柚木さよ

救命救急センター初療室で勤務しています。24時間365日、老若男女、診療科や緊急性の高い低いを問わず、急病や事故、さらには災害医療など、さまざまな場面において初期治療を行い、病態の診断・治療を行っています。また院内で発生する「ハリーコール」に応援できるよう体制を整え、各部署で急変時の対応等に不明や疑問な点などの相談に乗らせていただいています。そして最終的には、急変を起こさない看護を目指しています。

救急看護認定看護師 田辺由紀子

救命救急センター初療室で勤務しています。三次救急に対応している初療室では、突然の発症や事故など様々な重篤な患者さんが救急車で搬送されます。フィジカルアセスメントから、患者さんの状態をチームで把握し、救命処置を行っています。救急車で来院される患者様だけでなく、ご家族様にとっても危機的な状況となる場所だと思います。だからこそ、慌ただしく救命処置が行われる中でも、心のケアを大切にしていきたいと思います。

皮膚・排泄ケア認定看護師 伊藤真粧美

創傷・オストミー・失禁患者の問題に関する相談を受け、患者さんにとってよりよい方法を提供できるよう日々活動しています。ストーマに関して術前術後、退院後は泌尿器科ストーマ外来で社会復帰後の長期的なフォロー、また褥瘡対策チームとともに褥瘡回診で院内をまわり、褥瘡の評価、治療法、除圧法などを各病棟のスタッフと検討し早期治癒を目指し活動しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 福山直美

消化器外科病棟に勤務し術後創・瘻孔のスキンケアとストーマケア、消化器外科のストーマ外来を担当させて頂いています。ストーマケアでは入院時から退院後の外来で、また訪問看護師さんと連携し患者さんの生活支援をさせて頂いています。さらに褥瘡対策チームの一員として褥瘡予防や褥瘡ケアに取り組んでいます。病棟や外来スタッフと一緒に患者さん家族へより良いケアが提供できるように活動しています。

感染管理認定看護師 高坂久美子

私は、ICT(Infection Control Team)や院内感染防止対策委員会のメンバーとともに、患者さん家族はもとより病院を訪れる全ての人を院内感染から守る為の活動をしています。また、造血細胞移植病棟に勤務し、免疫力の低下した患者さんの感染防止のためにサーベイランスや環境調整を行っています。

感染管理認定看護師 小澤賀子

私は感染対策チーム(ICT)の一員として、当院を利用する患者さん・ご家族・訪問者はもちろん、現場で働くすべての人々を院内感染から守るための活動をしています。また、患者さんに安全な医療の場を提供できるように当院の状況を十分把握・分析し、感染対策の向上に努めたいと思います。

がん化学療法看護認定看護師 濱嶋なぎさ

当院で化学療法を行う患者さんは、東病棟5階・6階にある化学療法センターに入院します。また、外来化学療法センターとも連携を密にして、安心して治療が受けられる専門性の高い化学療法センターを目指しています。
化学療法は副作用がある辛い治療と言われていますが、その副作用を最小限にし、患者さんやご家族のよきサポーターとなれるように、取り組んでいきたいと思います。

がん化学療法看護認定看護師 天野真由美

私は東病棟6階 外来化学療法センターで勤務しています。当センターでは、安全・確実に抗がん薬やホルモン剤を投与し、副作用の発現を最小限に抑え、安心して治療が継続できるよう医師・薬剤師と協働して治療に取り組んでいます。外来化学療法は、副作用に対するセルフケアの確立が大切です。がん化学療法に関連した副作用の対処方法で困ったり悩んだりした時は、患者さんやご家族が実施できる方法を一緒に考えていきたいと思います。

がん化学療法看護認定看護師 大路小千代

私は、東病棟6階で勤務しています。主に血液内科と呼吸器内科のがんの患者さんが入院しており、抗癌剤の投与や副作用について、患者さんや家族に指導・教育を行っています。初めての治療や再発してからの治療で、不安に感じる方もたくさん見えます。化学療法について解らないことや、聞きたいこと、話しを聴いてほしいことなどあればいつでも声をかけて下さい。一緒に考えていきましょう。

緩和ケア認定看護師 平野美枝子

緩和ケア認定看護師は、がんと診断された時から身体的、精神的、社旗的、こころの4つの側面から症状緩和、生活・生きることの支援、ご家族の支援、終末期のケア等を行っています。多職種のメンバーと協力して、患者さんとご家族の考え方やお気持ちを大切に、よりよい生活が送れるようケアにあたっています。

がん性疼痛看護認定看護師 志村みゆき

痛みは辛く、できれば経験したくないものです。しかし、がんの痛みは70〜80%のがん患者さんが経験すると言われています。痛みにより治療や病気と闘う気力の低下や、日常生活に支障をきたし、その人らしさが失われていかないためにも、がんと診断された早い段階から治療と並行して疼痛緩和を行っていくことが大切です。また、その他の自覚症状や不安などの気持ちの辛さなども併せて早期より苦痛の緩和を行うことで、その人らしい生活を過ごしていただけるようにお手伝いさせて頂きます。

がん性疼痛看護認定看護師 尾関美代子

現在では2人に1人はがんに罹患する時代となってきました。がんと診断された患者、家族の抱える痛みは様々です。痛みを早期に把握し、現在行っている治療と並行しながら痛みのコントロールを行い、その人らしい生活を送ることができるように支援を行っていきます。

摂食・嚥下障害看護認定看護師 山本利恵子

頭頸部・泌尿器センターに勤務している摂食・嚥下障害看護認定看護師の山本利恵子です。食べたり飲んだり日常何気なく行えていたことが、予期せぬ疾患や加齢による機能の低下で障害されることがあります。食べる機能をより長く持ち続けてもらう為に摂食・嚥下障害ケアチームの一員として活動しています。摂食・嚥下障害の原因や程度は様々であり、たくさん職種との共働や継続した関わりが重要であると強く感じています。より多くの方と看護に取り組んでいくために摂食・嚥下に関する専門的ケアを院内に広げていく努力をしています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師 坂口真那美

神経内科病棟に勤務し、脳血管疾患や神経筋疾患患者の摂食嚥下障害看護に携わっています。
摂食嚥下機能のアセスメント・評価のもと、摂食嚥下障害患者のケアを行い、一人でも多くの方に食べることのできる喜びを感じてもらえるよう日々努めていきたいと思います。

新生児集中ケア認定看護師 平岩美緒

当院のNICUは出生体重が1500g未満の極低出生体重児、1000g未満の超低出生体重児の入院数が全国規模で上位であり、症例数の多さは高い治療成績につながっています。出生から退院、そして退院後の家族の幸せを考え、救命だけの治療ではなく「全ての新生児の障害無き健やかな成長を目指す」を心に、新生児集中ケア認定看護師の責務を果たしていきたいです。

新生児集中ケア認定看護師 渡辺綾子

NICUで新生児集中ケア認定看護師として働いている渡辺綾子です。NICUには、予定日より早く生まれたお子様や、病気を抱えているお子様が入院されています。このため、お子様が健やかに成長されるよう、なるべくお母さんのおなかの中にいるような環境作りを目指しています。また、生まれてすぐに入院して離れ離れとなったお子様とそのご両親が新しい家族を築けるように臨床心理士や多職種と協力しながらお手伝いをさせていただいています。

新生児集中ケア認定看護師 上渡めぐみ

NICUは、早産で生まれた未熟性の高いお子さんや疾患を抱えて産まれたお子さんの治療だけではなく、発育・発達の支援をしています。また、赤ちゃんの誕生は、新しい家族が増えるということであり、親子関係を築いていくスタートです。ご家族とともに赤ちゃんの成長に寄り添い、親と子の絆が育まれるよう支援していきます。

手術看護認定看護師 加納朋美

中央手術室に勤務している手術看護認定看護師の加納朋美です。手術室では新生児から高齢者までの方を対象とし、全科の手術に対応しています。そして患者さんが安全で安楽に手術が終えられ、社会復帰が円滑にできるように看護を提供しています。周手術期における疑問や問題点の相談を受けておりますので、お気軽にご連絡下さい。

認知症看護認定看護師 岡田朋子

私は、認知症看護認定看護師として循環器・腎臓・内分泌センターに勤務しています。急性期病院に入院する認知症の方やその家族に対して、病棟スタッフと協力し、療養環境の調整や看護ケアを行なっています。

認知症や高齢者の方が、入院・手術による環境の変化に伴う混乱をできるだけ少なくし、入院前の生活リズムを継続し安全で安心した入院生活が送れるよう援助したいと考えています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 井内豊子

脳神経センターで勤務しています。脳卒中の患者さんは、突然、病に襲われ、麻痺や失語などの症状から今までの生活を続けられなくなることが多いため、戸惑いを感じたり自尊心を失ったりしてしまうことがあります。そのような患者さんの気持ちに寄り添いながら、リハビリテーションの各療法士と連携を取り、残された患者さんの能力を最大限引き出せるよう、日々の看護を実践しています。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師 山北利恵

私は、慢性呼吸器疾患看護認定看護師として救命A(救急ICU)で勤務しています。救命Aでは急性期における患者さんの呼吸機能の評価及び呼吸器管理を行って、安定期・増悪期・終末期につなげられる看護を目指しています。そして呼吸機能維持向上のための呼吸リハビリテーションを急性期からチームで始めることで、慢性期との連携、重症化の予防、情報の共有化を行っています。呼吸に関する疑問などがあればいつでも声をかけfて下さい。

がん放射線看護認定看護師 峯田知子

がん放射線療法看護認定看護師の峯田知子です。

放射線治療は、決められた計画を完遂してこそ最大の効果を発揮します。放射線治療を受ける患者さんに対して、専門的知識と技術を提供して、治療を完遂できるように支援しています。近年、放射線治療を受ける患者さんの増加と治療技術の進歩に伴い、高まる看護のニーズに応えられるようにしていきたいと思います。分からないことや困っていることなど気軽にご連絡下さい。