採用情報

看護部

専門分野で活動するスタッフ

認定看護師の活躍の場

院内感染防止対策チーム(Infection control Team : ICT)

院内感染防止のポイントは、注意すべき病原体を作らない、広げないことです。私達は、毎週、許可制抗菌薬使用中の患者さんについて検討しています。また、注意すべき病原体の発生状況を把握し、異常な増加の時は速やかに現場対応しています。ICTは、TeamworkとFootworkで感染制御に取り組んでいます。

栄養サポートチーム

栄養管理は医療の基本です。2001年から活動をしています。
医師・看護師・薬剤師・栄養士・歯科衛生士・理学療法士・医事担当者・その他チームを組んで患者のサポートを実施しています。

呼吸器管理チーム(RST)

人工呼吸器装着患者さんが、一般病棟で安全に管理され医療スタッフに患者の人工呼吸器離脱や早期離床を念頭においてケアにあたっていただくため、病棟へのラウンドを行い担当医師や病棟看護師の相談にのっています。

緩和ケアチーム

医師、薬剤師、理学療法士、臨床心理士、栄養士、ケースワーカー、リエゾン精神看護専門看護師、がん性疼痛看護認定看護師、緩和ケア認定看護師の多職種で、当院の疼痛緩和、心理的ケアなどを行っています。

摂食・嚥下障害ケアチーム

医師・歯科医師・看護師・歯科衛生士で構成されています。
2ヶ月に1回会議と回診をしています。

透析予防診療チーム

医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・歯科衛生士で構成し、糖尿病教室や糖尿病療養指導など糖尿病対策の推進のため活動しています。
また、スタッフの教育として勉強会を年4回開催しています。

褥瘡対策チーム

私達は、医師(形成外科・皮膚科・脳卒中科・心臓血管外科)、看護師、薬剤師、MSW、理学療法士、管理栄養士の総勢21名のメンバーです。褥瘡=床ずれの予防、褥瘡発生ゼロに向け、チームで月2回病棟回診とコンサルテーション、病室での使用マットの選択、スタッフへの褥瘡勉強会を年10回開催しています。

オーラルマネージメント委員会

医師、歯科医師、看護師、薬剤師、歯科衛生士、事務職などの多職種で構成され、週1回のラウンド、勉強会などを開催し、当院の口腔管理向上を目的として活動しています。