採用情報

看護部

専門分野で活動するスタッフ

認定看護管理者

 認定看護管理者とは、「多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供することをめざし、創造的に組織を発展させることができる能力を有すると認められた者」と定義されています。

 当院は、平成25年4月に助産師の専門性を発揮し「安心・安全・自然・快適」をコンセプトとしたバースセンター(院内助産所)を開設しました。
現在、バースセンター長として、新しい家族の誕生を支援する「最高の出産環境」の提供に努めています。また、看護部門では、総務を担当し成果の見える活動を行い、組織と看護の発展に取り組んでいます。

認定看護管理者
真野 真紀子

 看護職が生き生きと専門職として活躍できるために、看護部の業務担当として業務環境の調整を行っています。また、患者の安全で快適な療養生活を担保するために、有効なチーム医療が行われよう、現場の情報をもとに他職種と透明で健全な関係づくりを目指し取り組んでいきたと考えています。

認定看護管理者
川瀬 とし子

 私は教育研修推進室の一員として研修管理室に在籍しています。
研修責任者と共に超急性期病院で安全で質の高い看護サービスの提供ができるよう、新入看護職員がワークライフバランスをふまえ、自分のキャリアを開発していくことのできるような教育支援を行っていきたいと考えています。

認定看護管理者
古市 めぐみ

 適切な医療が受けられるための支援を行うために患者相談支援センターが新しく設置されました。
 その中で入院に際しての必要物品・書類・服薬内容の確認を行い、入院してからの流れを事前に説明することで患者さんの不安を軽減することができ、入院病棟の入院時の業務負担を軽減するための入院支援業務を行っています。今後は、説明対象の疾患を徐々に拡大し専門職としての看護師の活躍の場として充実させていくことが重要課題と考えています。

認定看護管理者
川北 洋子