平成27年度 名古屋第一赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2,325 454 657 1,391 1,458 1,799 3,644 4,992 2,487 344
 当院は、地域の中核病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。高度急性期を治療の根幹として、がん疾患・心臓疾患などを数多く治療しているため60代70代の患者さんが多い傾向にあります。また、周産期医療の中核病院(総合周産期母子医療センター)として、0代(主に新生児)や20代30代の女性(主に疾患のある妊婦さん)が多い傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 96 38.40 43.59 0.00% 47.28
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 66 16.64 17.69 1.52% 67.48
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 45 24.00 36.93 0.00% 66.62
血液内科では、血液疾患に対して造血幹細胞移植、免疫抑制療法、化学療法などの診療を行っています。急性白血病に対する化学療法かつ輸血の適応の患者さんが多い傾向となっています。非ホジキンリンパ腫においても化学療法の適応の患者さんが多く輸血も必要な患者さんが多い傾向となっています。
また、同種造血細胞移植後の患者様を対象に健やかな生活をお過ごしいただけるように、造血細胞移植後フォローアップ外来(長期フォローアップ外来、移植後サポート外来)などを行っていますので全体的に転院率は低い傾向です。
内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 89 14.40 15.35 1.12% 62.84
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 16 9.88 10.28 6.25% 71.75
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 副傷病なし 14 14.21 14.20 0.00% 45.86
内分泌内科では、糖尿病をはじめ甲状腺疾患、副甲状腺疾患、下垂体疾患、副腎疾患、骨粗鬆症などの診療を行っています。糖尿病教育として1週間を1サイクルとした入院糖尿病教室を毎週開催しているため、糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)が多い傾向となっています。他疾患に伴う低ナトリウム血症、高カリウム血症、アシドーシスや糖尿病性ケトアシドーシスなどで入院するケースが2・3番目となりました。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 50 9.96 12.60 2.00% 64.18
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 40 6.10 13.64 0.00% 47.85
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 32 5.50 9.71 0.00% 68.00
腎臓内科では、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全を初めとする腎疾患全般のみならず、高血圧、腎障害合併膠原病などの診療を行っています。急性腎盂腎炎、尿路感染症(留置カテーテルによる)など他施設から紹介され入院適応となる患者さんが多い傾向となっています。慢性腎炎、ネフローゼ症候群の正確な診断のために、腎生検を行い、詳細な病理診断に基づいて最適な治療を提供できる様務めています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 副傷病なし 153 16.17 18.08 37.25% 70.39
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 121 14.81 15.80 28.10% 73.26
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 45 16.31 19.32 44.44% 65.67
神経内科では、脳梗塞、脳内出血などの脳血管障害(手術を要さないもの)はじめ専門性の高い診療を必要とする神経難病、社会の高齢化に伴い増加している認知症など内科的神経疾患の診療を行っています。救命救急センターにて、脳梗塞、脳出血などの脳血管障害の発症直後の急性期の診療を多く受け入れています。JCSが10未満の患者さんについては、5割~6割の方が自宅退院されています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 218 12.65 13.38 0.00% 68.13
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 218 10.83 14.34 3.67% 71.64
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 174 2.18 3.29 0.00% 72.00
地域がん診療連携拠点病院として、診療所、健診からの肺がん(疑い含む)の紹介を受け、早期診断および内科的治療(化学療法)の診療を数多く行っています。
高齢者の重篤な肺炎についても診療所、老人福祉施設からの紹介にて救命救急センターでの受入が多くなってきています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 311 2.87 3.07 0.00% 70.18
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1・2あり 手術・処置等2 なし 243 3.17 4.87 0.41% 69.52
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 128 14.84 18.30 10.94% 78.90
循環器内科では、24時間体制で循環器内科の専任スタッフが、急性冠症候群(不安定狭心症、急性心筋梗塞)、致死性不整脈などの循環器救急疾患に対応しています。退院後は地域の先生方に継続治療を行って頂きます。当院では外来での心臓リハビリテーションの続行と定期的な心臓機能検査を行うことで、地域連携を主とした医療を図っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 153 10.43 10.93 0.00% 71.64
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 67 10.60 11.98 0.00% 71.67
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 60 2.20 2.76 0.00% 62.97
消化器内科では、救患患者において緊急の処置治療に対応しています。高度先進医療を必要とする場合などは、大学病院などとも連携し迅速に必要十分な検査や処置等が受けられるよう対応しており、外科との連携で手術を要する疾患も必要十分な検査を施行し安全確実な治療法の選択を行っております。胆管結石では、約6~7割の患者さんが予定外、緊急として入院され内視鏡的手術を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 288 4.95 5.72 0.69% 2.17
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 149 6.50 11.59 0.67% 0.00
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 147 3.82 6.17 0.00% 0.00
総合周産期母子医療センターの新生児部門として早産児や重症新生児の診療を行い、また急性感染性疾患をはじめとする子どもによくみられる疾患だけでなく、血液・腫瘍、循環器、神経、腎臓、内分泌、アレルギーなどの専門的疾患の診療を行っています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 45 2.13 8.85 0.00% 1.78
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 23 3.04 3.32 0.00% 1.83
11022xxx04xx0x 男性生殖器疾患 包茎手術 副傷病なし 10 3.00 3.64 0.00% 2.90
紹介または当院で出生した生後0~3歳の患者さんが多く入院されてきます。臍ヘルニアの手術による入院は全国平均と比較すると非常に短くなっています。
一般消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 108 12.12 17.41 0.00% 71.90
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 101 6.22 6.96 0.00% 58.00
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 69 9.04 9.17 0.00% 71.58
5大癌の一つである大腸がんでの入院がもっとも多くなっています。患者さんの状態やがんの進行度などガイドラインに基づき、小開腹大腸癌根治術、腹腔鏡下大腸癌根治術などの治療を行っています。総胆管結石症は可能な限り消化器内科で内視鏡的に総胆管結石を取り除いた後に外科に転科し、腹腔鏡下胆嚢摘出術を行い、患者さんの侵襲,負担を軽減するように努めています
乳腺内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 55 9.20 10.37 0.00% 65.27
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 48 3.00 4.66 0.00% 53.75
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 45 11.60 11.63 0.00% 59.49
乳癌治療は手術以外に化学療法・内分泌療法・抗体療法などの薬物療法、放射線療法などの治療法を組み合わせる集学的治療で、年齢、腫瘍の進行度、腫瘍の生物学的特徴などによって治療法に違いがありますので乳癌診療ガイドライン(日本乳癌学会編)、乳房温存療法のガイドライン、ザンクトガレンのコンセンサスレポートなどの科学的根拠(エビデンス)に基づいて治療法を決定し、納得いく治療を受けられるようセカンドオピニオンもお勧めしています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 226 11.68 13.03 0.88% 69.24
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 62 7.76 13.38 0.00% 68.55
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 40 9.05 9.68 0.00% 30.73
肺がんなどの悪性腫瘍の患者さんの治療に関しては、呼吸器外科・呼吸器内科・放射線科・病理部と毎週カンファレンス(キャンサーボード)を開催し最適な治療を迅速に提供しています。救命救急センターに搬送されてくる気胸の患者さんに対して、迅速に手術できるように態勢を整えて対応しています。またその他疾患も含め週2回以上の当科内のカンファレンスにて詳細な検討の上で治療方針を確認・決定し、患者さんが疾病から早期に復帰できるよう尽力しています。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 97 3.76 5.99 1.03% 71.94
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 45 9.98 13.19 0.00% 77.91
050163xx02x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 なし                                   21 14.76 18.04 4.76% 68.57
歩くと足が痛くなるために受診される患者さん、動脈が閉塞していると診断されて紹介される患者さん、大動脈が正常の直径よりも1.5倍以上にふくらんでしまった患者さんなどが受診されます。、動脈と静脈などの血管の病気(詰まる、広がる)に対して、血管の状態を正常にする手術を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx0100xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 101 11.67 21.35 2.97% 65.27
050050xx0100xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 81 12.05 19.89 2.47% 69.01
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 副傷病なし 33 18.27 25.69 21.21% 68.91
約9割の患者さんが県内外から紹介され、そのうち約3割の手術を必要とされる患者さんが救命救急センターに搬送されてきています。患者さんは心臓以外にもいろいろ問題を抱えている場合もあります。各科が充実した総合病院の一部門として心臓手術を行っていますので、単に手術数が多いだけでなく複雑な病態にも各科協力して対応出来るのが当科の特徴と言えます。MICS(ミックス)手術 、創が小さく痛みの軽い心臓手術、胸を開けない心臓手術などにより全国在院日数より短いのも特徴です。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 35 3.57 5.12 0.00% 44.40
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 副傷病なし 10 6.10 6.14 0.00% 46.00
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし - - - - -
粉瘤・母斑・脂肪腫などの良性の皮膚腫瘍や、皮膚悪性腫瘍の切除、乳房インプラントが保険適用となり、当院でも行っています。頭頚部腫瘍切除後の再建、眼瞼下垂の手術、また腫瘍切除により顔面神経麻痺を余儀なくされた場合の修正術なども行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 153 20.64 28.70 74.51% 78.93
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 122 2.48 5.70 1.64% 50.01
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 60 3.15 5.41 0.00% 25.38
脊椎、手の外科、スポーツ外傷、関節外科、リウマチなどの専門的な手術治療と救急外傷全般の受け入れを行っています。急性期を当院で治療し近隣の整形外科と連携して、治療後は地元での治療およびリハビリが受け入れられるよう病診連携も確立しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 46 9.89 10.02 6.52% 75.52
010010xx99051x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり 副傷病あり 18 2.00 22.80 0.00% 8.94
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2 なし 副傷病なし 17 8.88 10.08 0.00% 55.06
脳腫瘍の中で最も頻度の高い髄膜腫や悪性脳腫瘍、転移性脳腫瘍の患者さんも多く来院されてます。外科手術以外にも、放射線被曝の少ない定位照射線治療など患者さんの病態に応じた総合治療をお勧めしている。脳幹神経膠種の小児の患者さんも当科で治療を行っています。脳動脈瘤治療は、開頭術によるクリッピングから開頭しないコイル塞栓術それぞれの適応をスタッフ全員によるカンファレンスで十分検討して決定しております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 26 9.46 11.97 0.00% 68.27
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 15 8.33 8.97 0.00% 59.80
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 11 3.36 5.12 0.00% 41.18
急性膿皮症は、細菌感染症である丹毒や蜂窩織炎で重症な患者さんを入院にて治療しています。痛みを伴う紅斑や水疱を症状とする帯状疱疹は早期治療を必要とされるため、紹介による予定外での入院が多いです。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 90 7.19 7.59 0.00% 73.37
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 副傷病なし 63 6.87 8.02 0.00% 70.70
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 副傷病なし 50 2.14 2.89 0.00% 53.64
腎癌、腎盂腫瘍、副腎腫瘍、前立腺癌、膀胱癌などの手術が必要な患者さんを中心に診断、治療を行っており、ほとんどの患者さんは診療所からの紹介によるものです。尿路結石に対しては 体外衝撃波による 治療もおこなっていますが、 結石の位置や大きさによっては 細径ファイバー内視鏡とレーザーを用いて結石を破砕することもあります。

女性泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 266 6.35 9.53 0.00% 70.23
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 72 3.63 6.01 0.00% 62.25
110320xx97xxxx 腎、泌尿器の疾患(その他) その他の手術あり 22 6.23 14.18 0.00% 71.77
中高年女性の過活動膀胱、腹圧性尿失禁、骨盤臓器脱をはじめとする諸疾患の診療を行っており、ほとんどの患者さんは診療所からの紹介によるものです。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 163 9.66 9.94 0.00% 33.65
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 133 9.14 10.18 0.00% 45.60
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 131 14.34 20.87 6.87% 32.01
総合周産期母子医療センターの産科部門として年間約1,500件の分娩を行っており、切迫早産、多胎、重症妊娠高血圧腎症、胎児疾患、産褥母体救急など年間約300件の患者さんが愛知県内外より母体搬送されてきます。子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などの婦人科悪性腫瘍の患者さんの治療を積極的に行っているほか、子宮筋腫などの良性疾患の治療にも力を注いでおり2番目に多い症例となっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり - - - - -
020130xxxxxxxx 原田病 - - - - -
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 - - - - -
ほとんどの手術を外来で行っているため、入院される患者さんは年間でも数件程度です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 80 7.39 8.20 0.00% 14.31
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 63 14.25 10.12 0.00% 44.83
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 54 5.81 5.53 1.85% 37.31
慢性の扁桃炎や中耳炎などの患者さんはほぼ手術を行う治療を行っています。中耳炎の在院日数は、全国平均より長くなっています。急性扁桃炎の患者さんはほぼ診療所からの紹介で予定外入院し抗生剤などの治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 78 23 32 131 33 74 1 7
大腸癌 90 59 78 138 30 121 1 7
乳癌 78 91 65 18 - 59 1 7
肺癌 252 73 163 364 59 206 1 7
肝癌 17 22 22 16 11 89 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
地域がん診療連携拠点病院として、がん患者さんとその家族に対して高度ながん医療を提供すると同時に地域の医療機関と連携して地域のがん医療全体のレベルアップに努めます。5大がんをはじめ希少がんの進行度合(早期がんから進行がん、再発)と個々の状況に応じて、手術、化学療法、放射線治療、免疫療法、緩和ケアなどを取り組んでいます。
愛知県のがん医療において特に血液腫瘍(造血幹細胞移植)および緩和ケアの拠点として位置づけられております。
不明となっている症例につきましては、治療前の検査入院が多いのが理由として挙げられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 47 9.70 51.17
重症度 1 93 11.82 70.65
重症度 2 95 15.35 78.24
重症度 3 70 18.73 81.99
重症度 4 22 19.59 85.36
重症度 5 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎は、高齢者になるほど重症度もあがり平均在院日数も長くなる傾向となっています。
重症度0は、がんなど他疾患を併存している患者さんの治療目的が多くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 27 6.81 68.70 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 343 20.21 73.06 42.85%
その他 33 21.03 72.52 30.30%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
一過性脳虚血発作では、発症して早期に入院され約7日程度の入院期間で自宅へ退院される患者さんがほとんどです。
脳梗塞では、約20日程度の入院期間で治療とリハビリを行い、半数以上の方が自宅もしくは施設に帰られ、40%ほどの患者さんがリハビリのために後方支援病院に転院されております。
他の疾患に関しては、症例数が10未満のため"-"であらわしています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9221イ 造血幹細胞移植(骨髄移植)(同種移植の場合) 17 14.65 71.76 11.76% 41.53
K9222イ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(同種移植の場合) 17 27.00 89.35 5.88% 46.88
K9223 造血幹細胞移植(臍帯血移植) 13 21.00 129.92 0.00% 41.38
地域がん診療連携拠点病院として愛知県の血液腫瘍(造血幹細胞移植)の拠点として位置づけられております
1977年にはじめて骨髄移植をおこなってから、現在まで1500例を超す移植を行っており、2013年度に造血幹細胞移植推進拠点病院に認定されました。

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 51 3.33 10.02 9.80% 69.37
K6146 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
内シャント設置術とは、腎臓の機能が低下して、血液透析が必要となった時に行なう手術です。他の透析施設に通院中の患者さんのシャントに異常(血管が狭窄や閉塞、シャントがつまる)があった場合も連携により当院で手術する場合もあります。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 213 1.80 1.97 1.41% 69.60
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 67 0.03 16.46 2.99% 67.61
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 46 1.02 1.20 0.00% 59.87
急性冠症候群(不安定狭心症、急性心筋梗塞)、致死性不整脈などの循環器救急疾患に対応しています。急性心筋梗塞では血流の途絶えた心筋に再灌流させるまでの時間が予後に関係しています。緊急で冠動脈造影を行い、早急な血行再建を図っています。早期より心臓リハビリテーションを行うことで、安全な日常生活を送れるよう運動量の設定指導をしています。心房細動などの不整脈に対してはアブレーション(不整脈発生部位の焼却)での治療を行っていましたが、最近ではクライオアブレーション(冷凍凝固バルーンアブレーション)を導入して成績向上を図っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 719 0.14 1.09 0.00% 68.41
K688 内視鏡的胆道ステント留置術胆 106 5.95 14.71 5.66% 74.33
K654 内視鏡的消化管止血術 96 0.66 10.73 6.25% 70.05
高解像度ハイビジョン内視鏡システムやNBI拡大内視鏡を完備し、消化管の早期癌の診断、治療(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD)などを積極的に行っています。大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術が最も多く行なっております。ついで胆管癌や胆石などの胆道疾患に対しての内視鏡的胆道ステント留置術を数多く行っています。消化管出血に対して、内視鏡的消化管止血術も多く行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 148 0.00 25.00 6.08% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) 45 0.20 59.04 6.67% 0.00
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 14 0.00 2.86 0.00% 1.79
総合周産期母子医療センターの新生児部門の役割を担っています。当院での分娩件数は約1,500件で診療を主に行うNICU18床/GCU30床の年間入院患者数は、約600名。集中治療を要する極低出生体重児の年間入院数は、80~100名に及んでいるため新生児仮死蘇生術が多く行っている結果となりました。新生児の親の負担を考え自宅に近いNICU、GCUを設置している病院へ容態が安定しだい転院をするケースもあります。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 122 0.99 0.19 0.00% 4.00
K6333 ヘルニア手術(臍ヘルニア) 44 1.02 0.09 0.00% 1.80
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 27 1.00 1.04 0.00% 0.96
当院で手術を行った患者さんの約8割が紹介患者となっています。内視鏡下手術などの低侵襲手術を実施しています。
一般消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 181 0.30 1.30 0.00% 68.08
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 138 2.03 5.17 0.72% 59.88
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 102 4.50 11.90 2.94% 71.76
鼠径ヘルニアに対してメッシュ(人工の網)を用いたヘルニア根治術を施行しています。患者さんにとって優しく、負担の少ない低侵襲手術にも取り組んでいます。地域がん診療連携拠点病院として、手術適応の患者さんの手術も数多く実施しています。
乳腺内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 58 1.53 7.10 0.00% 64.45
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 37 1.43 4.81 0.00% 54.76
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 30 1.97 9.47 0.00% 60.70
当院では、診療所、健診からの紹介で数多くの患者さんが診療に来られます。乳癌手術を行った患者さんに対して、かかりつけ医と当院の両方で連絡を取り合い、術後の定期的検診を行っていくために作られた一連の書式(パス)である、乳がん地域連携パスを採用している。これにより、患者さんは当院への頻繁な通院が不要となり、通院の不便さや外来での長い待ち時間からも解放され、また複数の主治医によるサポートを受けられる長所が生まれます。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 87 1.74 9.93 1.15% 70.20
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 62 2.02 9.37 0.00% 66.66
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 54 6.22 4.44 0.00% 38.33
当院では、診療所、健診からの紹介で数多くの患者さんが診療に来られます。早期がんの患者さんに対して胸腔鏡下肺葉切除+肺門および縦隔リンパ節郭清を積極的に行ってます。胸腔鏡はカメラで内部の様子を大きくモニターに映すことができるため胸を大きく開く必要はなく、肺を取り出すための傷(5~6cm)が必要となりますが胸の壁に対する負担が大きく軽減されます。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 96 1.14 1.70 1.04% 72.03
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 45 3.04 8.13 2.22% 76.98
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 23 3.17 16.87 17.39% 70.35
閉塞性動脈硬化症で足の血行が悪くなった患者さんのカテーテル治療、バイパス手術を行っています。腹部大動脈瘤ではおなかを開けて治療する方法だけではなく足の付け根の動脈から特殊な機器(ステントグラフト)を挿入するおなかを開けない治療も行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 110 1.89 11.51 10.91% 69.64
K5551 弁置換術(1弁のもの) 66 2.12 17.52 13.64% 71.67
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 42 1.24 8.74 9.52% 71.76
開設以来約6000例、近年では、年間400例近くの心臓、および胸部大動脈手術を行ってきております。患者さんは心臓以外にもいろいろ問題を抱えている場合もあります。各科が充実した総合病院の一部門として心臓手術を行っていますので、単に手術数が多いだけでなく複雑な病態にも各科協力して対応出来るのが当科の特徴です。 患者さんは遠方からも含め、多くは他院からの紹介患者さんです。

形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上) 14 0.86 3.29 0.00% 57.79
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) - - - - -
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) - - - - -
近隣の診療所から手術を必要とされる皮膚、皮下腫瘍の紹介患者さんを当院で受け入れています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 121 1.85 18.45 70.25% 78.28
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 97 2.32 13.57 26.80% 66.55
K0462 骨折観血的手術(前腕) 67 0.36 2.13 2.99% 57.51
救命救急センターにて、高齢者の大腿骨骨折による緊急入院を多く受け入れ約7割の患者さんが回復期リハビリテーション病院へ転院されます。脊椎を安定させる脊椎固定術の手術をされた患者さんの約7割は自宅へ退院されています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) 44 1.00 11.32 13.64% 76.70
K1781 脳血管内手術(1箇所) 26 0.54 20.69 11.54% 54.38
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 22 4.05 34.86 13.64% 54.00
腫瘍に対しては、当院では全例で顕微鏡と脳ナビゲーションシステムを使用して手術の安全性を高めています。脳腫瘍の中でも脳下垂体腫瘍は、内視鏡とナビゲーションを組み合わせた先端的治療を行っており、鼻からの手術で術後の痛みもほとんどなく、約1週間程度で退院することができます。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 18 0.00 2.67 0.00% 72.56
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上) 14 0.00 2.36 0.00% 44.21
K013-21 全層植皮術(25㎠未満) 11 0.00 4.64 0.00% 75.18
皮膚悪性腫瘍(基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫など)に対する手術をもっとも多く行っています。治療地域の医療に対する当院の役割を踏まえ、紹介を頂いた重症患者様の治療を中心に行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 170 2.08 5.45 0.59% 72.63
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 50 0.00 1.14 0.00% 53.64
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 45 2.58 12.40 2.22% 66.82
腎癌、腎盂腫瘍、副腎腫瘍、前立腺癌、膀胱癌などの手術が必要な患者さんを中心に診断、治療を行っています。手術は 可能であれば 腹腔鏡手術を中心に行っており、女性の患者さんでは可能であれば 臓器を膣から取り出し 筋肉を大きく切開しない方法を採用しています。腎癌に対しても腎機能を温存するために腹腔鏡下腎部分切除術を行っております。尿路結石に対しては 体外衝撃波による 治療もおこなっていますが、 結石の位置や大きさによっては 細径ファイバー内視鏡とレーザーを用いて結石を破砕することもあります。
女性泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K802-21 膀胱脱手術(メッシュを使用するもの) 218 1.81 3.27 0.00% 69.77
K8232 尿失禁手術(その他のもの) 68 1.06 1.41 0.00% 61.63
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式)) 47 1.53 5.34 0.00% 70.26
中高年女性のQOL(生活の質)疾患の患者さんが安心して受診できる診療科です。泌尿器科、婦人科の協力を得て、過活動膀胱、腹圧性尿失禁、骨盤臓器脱をはじめとする諸疾患に取り組んでおり数多くの手術を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 166 4.50 7.75 0.00% 34.04
K877 子宮全摘術 164 1.30 7.76 0.61% 50.09
K861 子宮内膜掻爬術 116 0.03 0.95 0.00% 47.20
重症の妊産褥婦の患者さんを収容治療する総合周産期母子医療センターとして、切迫早産、多胎、重症妊娠高血圧腎症、胎児疾患、産褥母体救急など年間約300件の患者さんが愛知県内外より母体搬送されてきますので、帝王切開が最も多い件数となりました。子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などの婦人科悪性腫瘍の患者さんや子宮筋腫などの良性疾患の手術も僅差の結果となりました。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) - - - - -
K2425 斜視手術(直筋の前後転法及び斜筋手術の併施) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -
白内障手術に関しては、外来にておこなっているため入院での手術は全身麻酔を必要とする数件でした。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 91 1.11 5.67 0.00% 17.01
K319 鼓室形成手術 74 1.20 12.05 0.00% 45.05
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 35 1.09 5.74 0.00% 51.69
口蓋扁桃手術の患者さんは、近隣の診療所からの紹介による患者さんがほとんどです。聴力改善を期待出来る方には手術を積極的に施行しており、鼓膜閉鎖のみで聴力改善が得られないか、鼓膜穿孔がなくても中耳に問題がある方の手術が多く2週間ほどの在院日数となっています。副鼻腔炎の症例には内視鏡下副鼻腔手術(ESS)を主に施行し、保存的療法で治癒が期待できない方には手術を積極的に勧めております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 11 0.05%
180010 敗血症 同一 78 0.39%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 12 0.06%
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 55 0.27%
異なる - -
手術・処置などの合併症につきましては、以下の内訳となっています。
手術・処置の合併症の内訳
         処置の合併症、他に分類されないもの
         心臓および血管のプロシテーシス、挿入物および移植片の合併症
         その他の体内プロシテーシス、挿入物および移植片の合併症
         外科的および内科的ケアのその他の合併症、他に分類されないもの
         体内整形外科的プロステーシス、挿入物および移植片の合併症
更新履歴
2016年9月29日
平成27年度の「病院情報の公表」を掲載。