病院について

災害救護活動

1.赤十字の災害救護活動

日本赤十字社の救護活動は、ジュネーブ条約、赤十字国際会議の決議、日本赤十字社法及び同定款にその基盤を置いています。また災害救助法には、日本赤十字社に対し救助への協力義務を規定しており、その具体的な内容については「厚生大臣との協定」により取り決めがされています。さらに、日本赤十字社は災害対策基本法及び大規模地震対策特別 基本措置により「指定公共機関」として位置付けられ、救護規則、防災業務計画を定め災害救護を実施しています。

2.名古屋第一赤十字病院災害救護活動

上記法令、規則等に基づく、日本赤十字社本社・日本赤十字社都道府県支部・各施設の災害救護に関する指揮命令の組織構築により、当院では日本赤十字社愛知県支部長の指揮により活動を行いますが、病院近郊での災害の発生、また支部との通 信が途絶えた場合の緊急救助救護活動を必要とする場合においては、病院長の指揮により活動を行います。
災害時の緊急患者の受け入れは、名古屋第一赤十字病院災害救護計画に基づき、救急センターでの受け入れを開始し、災害の規模により院内対策本部を設置し、災害拠点病院としての救護活動を行います。

(1)救護班の体制

医師、看護師長、薬剤師、助産婦、看護師、主事、車両・無線取扱等のスタッフで構成する救護班を9個班(1個班6名~8名構成)常設し、いつでも出動できる体制を整えています。

(2)救護資器材の整備

救護班の出動並びに災害時の受け入れに際しての必要資器材の整備を常時しています。
主な資器材としては、救急車2台、支援車2台、救護所設営用テント4張、折りたたみベッド100、毛布200、診療セット2式、ポータブル自家発電機、人工呼吸器、蘇生器、救護ユニホーム個人装備品、固定無線局、車両無線機4(他)

(3)救護活動訓練及び研修

万一の災害救護活動に備え、日本赤十字社本社、日本赤十字社愛知県支部、愛知県、名古屋市等が行う訓練、研修への参加及び院内の教育訓練を行っています。また、災害拠点病院として愛知県及び愛知県医師会との無線訓練を定期的に実施しています。

(主な救護訓練及び研修)

  • ・愛知県支部救護班要員訓練(2個班14名参加.2泊3日)
  • ・愛知県総合防災救護訓練(1個班6名参加
  • ・名古屋市民総ぐるみ防災訓練(1個班6名参加)
  • ・名古屋空港消火救護総合訓練(1個班6名参加)
  • ・日本赤十字社第3ブロック支部合同災害救護訓練(1個班6名参加)
  • ・海上保安庁洋上救急慣熟訓練(医師.看護師長.看護師.参加)
  • ・愛知県総合防災石油コンビナート防災救護訓練(1個班6名参加)
  • ・日本赤十字社本社救護班要員指導者養成研修会(医師.看護師長.主事)
  • ・日本赤十字社本社医師救護班要員指導者養成研修会
  • ・災害救護に関する院内教育訓練6日間.40名参加
  • ・院内トリアージ訓練
  • ・多数患者受入れ訓練
  • ・多数患者受入れ机上シュミレーション訓練(他)

(4)国内救護班派遣活動

特に近年国内でも多くの災害が発生し、平成12年の東海豪雨災害時の救護活動を初め、多くの災害救護活動に当たっています。
(近年から溯った国内救護班派遣内容)

・新潟県中越沖地震災害救護 平成19年7月18日~20日 dERU要員1個班7名を派遣

・能登半島地震災害救護平成19年3月27日~4月9日の間に2個班の派遣

・新潟県中越地震に対するこころのケア 平成16年12月4日~8日 看護師2名派遣

  • ・新潟県中越地震災害救護 平成16年11月6日~8日 1個班を派遣
  • ・新潟県中越地震災害救護 平成16年10月29日~30日 1個班を派遣
  • ・福井県豪雨災害救護 平成16年7月26日~27日 1個班を派遣

  • ・東海豪雨災害救護 平成12年9月13日~9月23日の間に9個班を派遣
  • ・北海道有珠山火山災害救護 平成12年5月17日~20日 1個班を派遣
  • ・阪神淡路大震災救護 平成7年1月18日~3月4日の間に6個班の派遣及び神戸赤十字病院に、薬剤師.看護師を業務支援派遣
  • ・名古屋空港墜落事故災害救護 平成6年4月26日~28日の間に6回に亘り、48名を派遣
    台風17号による佐織町目比川災害救護 昭和51年9月12日~21の間に医師7名.看護師12名を初め24名を派遣
  • ・西三河豪雨災害救護 昭和47年7月13日 医師4名.看護師15名派遣
  • ・名鉄電車追突事故災害救護 昭和39年3月29日 救護要員派遣
  • ・小牧空港事故災害救護 昭和35年3月16日 医師1名.看護師5名.主事1名を派遣
  • ・名古屋中央郵便局火災救護 昭和35年9月 医師1名.看護師4名を初め計8名を派遣 伊勢湾台風災害救護 昭和34年9月26日~3カ月間 医師629名.看護師649名.
  • ・他996名の計2,274名を派遣

(5)国際救護班派遣活動

国外の国際救護活動には、トルコ地震災害及び国際紛争による戦傷病院の救護医療活動等に派遣を行っています。

  救援活動名 派遣先 派遣要員 派遣期間
所 属 役 職 氏 名 年 月 日     期 間  
1 カンボジア難民救援 タイ 循環器科部 部長 堀場希次 1979.12.14 1980.2.1 1.5 カ月
看護部 婦長 千葉栄子 1979.12.14 1980.3.18 3 カ月
看護部 看護師 園田玲子 1979.12.14 1980.3.18 3 カ月
内科部 部長 伊藤庄三 1979.1.28 1980.3.18 1.5 カ月
麻酔科 医師 佐々木
康夫
1985.2.21 1985.5.31 3 カ月
内戦を逃れてタイ国内へ避難流入するカンボジア難民の緊急救援
2 マレーシアにおけるベトナム難民の医療救援 マレーシア
ビドン島
放射線科部 技師 増田淑雅 1985.8.22 1985.12.21 4 カ月
マレーシアのビドン島に収容されているボートピープル(ベトナム難民)の救援
3 ネパール飲料水供給および衛生環境報告改善事業 ネパール 看護部 看護係長 小森和子 1987.4.7 1987.10.21 6 カ月
農村地域においての井戸や簡易水道の設置による飲料水供給事業
4 クルド難民救援 イラク
北部
循環器科部 部長 大野三良 1991.5.2 1991.8末 3 カ月
イラク政府により武力鎮圧を加えられたクルド人組織難民の医療救援
5 カンボジア医療協力事業派遣 カンボジア
プノンペン
神経内科部 副部長 真野和夫 1992.3.18 1992.6末 3 カ月
内戦からの国家再建のため、基本的な医療サービスを行う診療体制の整備支援協力事業
6 スーダン難民
医療救援
ケニア
ロキチョキオ
看護部 看護師 河村昌子 1993.9.6 1994.3.24 6 カ月
内戦による負傷者を収容しているロビディン病院での医療援助
7 トルコ地震救援派遣 トルコ
イズミット近郊
産婦人科部 医師 久野尚彦 1999.8.30 1999.9.21 1 カ月
イズミット近郊のテント村内にある仮設病院での医療活動
8 スーダン紛争
犠牲者救援
スーダン
ジュバ
看護部 看護師 難波裕子 2000.1.17 2000.7.31 6 カ月
内戦状態が続くスーダンのジュバで負傷者が収容されてる病院の医療援助
9 東ティモールの紛争
犠牲者支援
東ティモール
ディリ
産婦人科部 医師 久野尚彦 2000.3.14 2000.5.24 2 カ月
内戦の避難民を収容する市民病院での医療援助
10 アフガニスタン
救援派遣
アフガニスタン
カンダハール
看護部 看護師 難波裕子 2001.5.21 2001.9.28 4 カ月
旧ソ連軍侵攻と内戦激化による避難民が収容されているカンダハールの病院での医療救援
11 イラン南西部地震
被災者救援
イラン
ケルマン州
バム市
産婦人科部 副部長 久野尚彦 2004.3.12 2004.4.2 1 カ月
医療チームとIRUによる被災地の医療救援活動
12 フィリピン保健医療
支援事業
フィリピン
キリノ州
看護部 助産師 可知さなえ 2010.1.7 2010.7.7 6 カ月
村落ヘルスワーカー等の人材育成及び村落保健所の整備
13 ハイチ地震救援事業 ハイチ共和国
ポルトープランス他
看護部 看護係長 難波裕子 2010.5.18 2010.6.22 1 カ月
基礎保健ERU(緊急対応ユニット)としてのハイチ地震被災者の医療救援活動

新潟県中越沖地震活動報告

7月18日~20日の3日間、新潟県中越沖地震の被災地、柏崎市で災害救護活動を行ってきました。今回は名古屋第二赤十字病院と合同で救護班を結成し、愛知県支部として初のdERU(国内型緊急対応ユニット)を展開、救護活動に活用しました。
dERUは大型エアテント、その他の救護用品がコンテナに収納してあり、トラックで容易に移動ができるため、災害直後に出動することができます。被災地に到着後、約1時間で展開し、救護所を開設することができます。もちろん、発電機などを装備しており自己完結的活動が可能なユニットです。愛知県支部には一昨年に配備され、これまで訓練を重ねてきました、今回は地震当日の夕方に愛知県を出発、翌日の午後には現地で診療を開始しています。dERUの導入により、これまでのように避難所の一部をお借りして救護所を運営するのに比べ、機動性が格段に向上し、安定した救護活動が行えるようになりました。特に地震には強く、今回も救護活動中に余震が何回か起こりましたが、dERUはエアテントですので、二次災害の危険はほとんど感じませんでした。
今回救護活動を行った、柏崎市高浜地区は市中心部よりかなり離れており、いわゆる「無医地区」に相当する地域です。地震により、周辺地区とを結ぶ道路が通行困難となり、さらに柏崎市街地とを結ぶトンネルも崩壊の危険があり通行止めになり、ほぼ孤立状態となってしまいました。この厳しい場所に赤十字の救護活動拠点ができたことで、地域の皆さんは大変に安心されたようです。今後、災害亜急性期から慢性期にかけて、食中毒などの感染症の発生への危惧とともに、高齢者中心の地域ですので、行政を含めてどのようなかたちで復興支援をしていくかが課題であると感じました。
ここ数年、日本海側で地震が多く発生していますが、私たちの住む地域も、東海・東南海・南海地震がいつ起こってもおかしくない地域です。「明日はわが身」かも知れません。皆さんも、今回の地震災害を決して「対岸の火事」と思うことのないよう、今一度「家庭の防災」、「地域の防災」を考えるきっかけとしていただけたらと思います。最後に、今回の地震により被災された地域の一刻も早い復興に向けてのご支援をよろしくお願いいたします。

能登半島地震救護活動報告

能登半島地震救護活動報告
3月27日、28日、能登半島地震で最大の被害を受けた輪島市門前町で救護活動を行ってきました。まだ地震の2日後でしたので、引き継いだ救護所のある門前会館(3階建ての大きな公民館のような建物)には、高齢者を中心に約300名の方が避難されていました。救護所には40名ほどが受診されましたが、軽い外傷や呼吸器症状の方のほかに、不眠や不安を訴えられる方が多かったように思います。 断水でトイレが使えず、3階の体育館に避難されている方も建物外の仮設トイレまで降りなくてはいけません。余震が続いていましたので、避難しやすいように夜間も電気はつけたままでした。人間やはり環境が変わるだけで寝付けないこともありますし、ましてや昼夜なく明るくては落ち着いて眠れません。そこに余震が来ます。私たちも救護所で仮眠をとったのですが、一晩で3回ほど余震があり飛び起きました。救護する側は滞在時間が限られており、帰るところがありますが、避難されている方々にはそれがありません。先の見通しが立たない中、避難所で生活されている方々のストレスはどれほどのものでしょうか。 赤十字の救護活動では「心のケア」としてのストレス対策が重要視されています。今、災害時には、人と物の支援は早期からかなりの量が投入されるようになりました。今後はより一層、被災者の「こころ」の問題も考えた、質の高い救護活動が求められると思います。 今回、救護班は救護所での診療に加え、巡回診療、食事の配給、足の悪い方の階段の介助、仮設トイレが使えない方への特製トイレ作りなどの活動を行いました。被害は大きく、全壊した建物も多数ありました。復興には時間がかかると思いますが、今なお避難されている方々が、一日でも早く、安心して暗い所で眠れる日が来ることを願わずにはいられません。