病院について

職業倫理・臨床倫理指針

当院では、信頼の医療を行うために職業倫理指針と臨床倫理指針を定め実践しています。

職業倫理

  1. 私たちは、職業の尊厳と責任を自覚し、絶えず自己研鑽に努め、安心で信頼される医療を提供します。
  2. 私たちは、患者さんとその家族の人格を尊重し、公正に医療を提供します。
  3. 私たちは、患者さんの自己決定権を尊重し、診療内容について誠実に説明し、信頼関係の構築に努めます。
  4. 私たちは、患者さんのプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
  5. 私たちは、互いに協力しチーム医療を実践します。
  6. 私たちは、医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くします。

臨床倫理

基本方針

  • 患者さんの利益を優先し、国籍、人種・民族、信条、年齢、性別、職業、地位などに左右されることなく、公正かつ公平な医療を提供します。
  • 当院が定めた「患者さんの権利と責務」を医療スタッフと患者さんがともに尊重し、最善の医療を行います。
  • 臨床倫理に関わる問題には、国などが定める医療に関する関係法規、ガイドラインをもとに、院内委員会等で定めた方針に従います。