診療科・部門

輸血部

特徴と概要

 輸血部は輸血管理室と分子細胞検査室からなり、安全な輸血療法を行うための検査や血液などの管理を行っています。

 手術や外傷による出血、内科的病気に伴う出血や貧血、血液の成分を作れなくなる病気などで血液成分のバランスが崩れ生命に危険が及ぶことがあります。

 こうした時に必要な血液成分を治療のために補充する事を輸血療法といいます。

 また、血液の病気などを治療するために、「造血幹細胞」と呼ばれる血液成分の元になる細胞を骨髄や末梢血から採取し移植します。このための検査や「造血幹細胞」の保管も行っています。

輸血管理室

 血液型や血液中にある抗体を調べ、輸血する血液と患者さんの血液が一緒になることで問題が生じないか調べます。いずれも、患者さんに安全な輸血をする上で大切な検査です。また、輸血する血液成分(赤血球成分、血小板成分、新鮮血漿成分など)を適切な温度で使用可能な期間保管管理しています。これらの血液成分はボランティアで献血して頂いた大切な血液成分なので、無駄にすることがないよう、また緊急事態に対応できるように在庫数や保存期間の調整を行います。

 当院では、手術を受ける患者さんで条件があえば、自分の血液を手術前に貯めておき手術で必要な時に自分の血液を輸血する「自己血輸血」を行っています。この自己血の採取の手伝いや保管管理も行っています。

分子細胞検査室

 細胞処理用のクリーンルームがあり、そこで「造血幹細胞」の処理を行います。「末梢血幹細胞」を採取後、「造血幹細胞」の指標となる「CD34陽性細胞」の数をフローサイトメーターという装置を使って測定します。また、採取した「末梢血幹細胞」の凍結保存や臍帯血バンクから届く臍帯血の保管、移植時の細胞の解凍作業を行います。

 この他にも、フローサイトメータ―を用いて、白血病や悪性リンパ腫など、血液の病気の診断に役立つ検査を行います。また、患者さんや供血者さんの同意のもと、血液を保管し、追加検査や研究のお手伝いをしています。

実績

2015年度 輸血部の主な実績

輸血用血液製剤使用量・検査件数など
輸血
管理係
赤血球製剤(単位) 13044
血小板製剤(単位) 50660
新鮮凍結血漿(単位) 5146
自己血採取(人) 50
末梢血幹細胞採取(人) 40
細胞治療係 細胞保存(件) 906
CD34測定(件) 148
造血幹細胞移植(件) 81

医師の紹介

役職 氏名 学会認定医・指導医、その他資格等 専門
小澤 幸泰
輸血部長
小澤 幸泰 日本内科学会認定内科医・指導医、日本血液学会認定血液専門医、日本医師会認定産業医、日本輸血・細胞治療学会 認定医 血液内科、白血病、造血幹細胞移植