診療科・部門

病理部

当科の特徴と概要

  • 病理部の仕事
  •  病理部は、顕微鏡による病理診断(病理組織診、細胞診、病理解剖)を行う部門です。
     臨床検査法の進歩により、臨床診断の精度は向上しましたが、がんや難しい病気の最終診断は病理診断により成されます。
     そして、この診断に基づき、治療方針や予後が決定されるため、病理は医療の中で大変重要な位置を占めています。
     各科の先生方は、病変部から採取した検体の組織診を病理に依頼し、病理医は組織や細胞の異常を詳細に観察した後、慎重に診断を下します。
     細胞診は、ごく微量な検体中にがん細胞があるかどうかを判定する検査で、資格を持つ検査技師がスクリーニングを担当し、病理医の下で診断も行います。
     また病理解剖は、ご家族の了解の上、患者さまのご遺体を解剖させていただき、死因、臨床診断や治療の適否を病理学的に検討するものです。これは、内科研修病院に義務付けられた研修・研究業務で、病院の医療水準を向上させる上で必要不可欠なものです。
     病理医は、直接患者さんと接することはありませんが、各科の先生方と連絡を取り合い、正確で、質の高い医療を提供できるよう努力しています。

  • 病理部の特色
  • ・通常の病理組織検査に加え、免疫染色や、遺伝子検索により、治療選択に重要な情報を提供します。特に、分子標的治療などの先進的治療にはこれら情報が必須で、当院では先進的な診断手技を用いた診断を行っています。

    ・FISH法を用いた遺伝子検索(細胞、組織)
    造血器腫瘍、移植後キメラ解析、肺がん(EGFR gene)、乳がん(HER-2 gene)、脳腫瘍(t (1;19))

    ・骨髄移植の病理、造血器疾患の病理診断では、全国からコンサルテーションを多数受け入れています。セカンドオピニオンの病理診断も受け付けています。

    ・遠隔病理診断システムを用いたテレパソロジーによる術中迅速病理診断を、岐阜県中津川市民病院、岐阜県土岐市立総合病院との間で行っています。

実績

2014年 病理部業務実績(1月-12月)

項目 件数
病理組織検査 組織検査 13,313
他施設からのコンサルテーション 562
受託検査 868
術中迅速 457
テレパソロジー 16
免疫染色 4,503
病理解剖 27
細胞診検査 細胞診検査(婦人科) 4,006
細胞診検査(一般) 5,701
ドック検診 643
分子病理診断 FISH法 1,156
PCR法 4,439

遺伝子検査

分子標的薬 193件

EGFR

Kras

薬剤耐性遺伝子 1件

ABL-T315I

腫瘍関連 46件

JAK2

BRAF

子宮頚癌関連 370件

HPV genotyping

ウイルス関連 79件

CMV

VZV

EBV

HSV-1/2

尿ウイルス

BK Polyomavirus,

JC Polyomavirus,

Adenovirus

FISH解析

先天性疾患 3件

13染色体

18染色体

21染色体

分子標的薬 303件

乳癌、胃癌 HER2-neu

肺癌 ALK

肺癌 ROS1

肺癌 MET

固形腫瘍 120件

脂肪肉腫 MDM2

脂肪肉腫 FUS

滑膜肉腫 SS18

膀胱腫瘍 CEP3.7.17 p16

中皮腫 p16

脳腫瘍 1p36 19q13

明細胞癌 MET

IMT ALK

造血器腫瘍 730件

異性間FISH

BCR-ABL

AML1-ETO

PML-RARA

CBFB

MLL

CEP7

CEP8

7q31

LSI13 RB1

D13S319

TEL-AML1

ALK

IGH-MYC

IGH-BCL2

IGH-MALT

IGH-CCND1

API2-MALT1

IGH-FGFR3

IGH-MAF

TP53

CyclinD1

C-myc

FIP1L1-PDGFR

医師の紹介

役職 氏名 学会認定医・指導医、その他資格等 専門
伊藤 雅文
副院長
病理部長
伊藤 雅文 日本病理学会病理専門医、日本臨床細胞学会指導医細胞診専門医 病理専門医・細胞診専門医(専門分野:血液疾患全般、移植病理、感染症病理)
藤野 雅彦
細胞診分子病理診断部長
藤野 雅彦 日本病理学会病理専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医 病理専門医・細胞診専門医(専門分野:骨髄移植の病理、人体病理全般)
桐山 理美
医員
桐山 理美 日本病理学会口腔病理専門医 病理
安藤 良太
医員
安藤 良太 病理
伊藤 藍
医員
伊藤 藍 病理